MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« ハクビシンの末路 | メイン | 色のクオリア »

2004年01月07日

ペンギンの視線

2004-01-07-0.gif 今週の日曜日の話になるけど、FOXチャンネルで『ナショナルジオグラフィック』の番組をやっていたんだ。その中で、南極のコウテイペンギンに、クリッターカム(ムービーとデータを記録する機能を持つ小型カメラ)を背負わせて、彼らの生態を探る実験をやっていたんだ。野生動物の視線で世界を観る試みってわけだね。
 番組では、ロドニーと名付けられたコウテイペンギンに、筒状のクリッターカムをリュックのように背負わせて、彼らが海の中で、エサの魚をどのように捕まえるのか観察していたよ。彼らは一度、魚が群をなすゾーンまでぐーんと潜るんだけど、そこでは捕らずに、海中から氷に閉ざされた海面を見上げ、上のほうでウロチョロしている魚を狙うんだ。どうやら、下から狙って不意打ちを食らわすってことらしい。
 ロドニーはみごと6匹もの魚を捕って、子どもたちの待つ3キロ先のコロニーまで仲間と一緒に戻って行ったよ。だけど、群の中には、天敵のアザラシに襲われたり、温暖化で溶けだした流氷の険しい道で遭難したりして、命を落とすものも少なくないようなんだ。
 悲惨なのは、親の帰りをまっている子どもたち。コウテイペンギンの子どもは、自分の親からじゃないとエサをもらえないんだ。だから、もし、親になにかあったら、その子どもには親を捜してさまよいながら、飢え死にする運命が待っている。
 ペンギンの視線でものを観る楽しい番組かと思いきや、酷寒の地の冷酷な物語を見せられて、ちょっと気分はブルー。だけど、それが自然なんだから仕方ないよね。
 ぼくたちモルモットは野生動物じゃなくて本当によかった……かな?

投稿者 かめちゃん : January 7, 2004 01:25 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?