MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 雪はまだか? | メイン | 寿命の長い国と短い国 »

2004年01月24日

映画鑑賞あらため映画体感

 今日はculiと一緒に映画を観に行ったよ。『ラストサムライ』も捨てがたかったんだけど、こちらはロングランになっているのでとうぶん大丈夫だと踏み、今回は、人気がいまいち(?)の『タイムライン』にしたんだ。かつて『ネメシス』を観に行くはずが、そうそうに打ち切られちゃって、見逃してしまったっていう経験があるからね。
 歴史好き、タイムトラベル好きのculiは、すでに原作を読んでいて、映画にも期待していたみたい。ぼくは原作は読んでいないから、たぶん見終わったときの感想はちがうだろうな、とは思っていたんだ。
 案の定、culiは見終わったとたんに「これは許せない!」とおかんむり。原作をまだ読んでいないぼくのことを配慮しながら、原作との違いをあれこれ説明してくれたんだ。
 そのへんのことはculiの書評コーナーに譲るとして、ぼくの感想はどうだったかというと「中世の戦闘シーンがすごかった!」のひとこと。今回のメイン舞台は中世なので、派手な爆破シーンはないかと思いきや、未来からきた主人公たちによる、ギリシア火薬を使っての大爆発! いやぁ、やりますなぁ。
 ところで、ギリシア火薬ってなに? 古代ギリシアのスパルタ軍が使っていたのかな? なんて思っていたら、中世の東ローマ帝国で使われていた、国家機密級の液状火薬らしい。そのため資料がなくて、その詳しい製法は謎のままなんだって(なのになんで作れたんだろう?)。
 と、話がそれちゃった。
 別に戦闘シーンが好きなわけじゃないんだけど、大画面でその手のシーンを見せられると、やっぱり臨場感はあるし、高揚するよね。あのドキドキ感は、映画館じゃなくちゃ味わえない。最近のヒット作は、どうも派手なアクションを売りモノにした作品ばかりだなあ、と感じるのは、「非現実的な場面の臨場感」を味わえるのが、映画館で観る映画だけだからかも知れない。それ以外を売りモノにした作品なら、わざわざ映画館に足を運ばなくても、DVDになってからレンタルしようって思ってしまうもの。映画館へは、映画を鑑賞しにいくのではなく、体感しにいく……なんてことをいったら映画ファンに怒られそうだから、このへんで。

タイムライン
リチャード・ドナー

アミューズソフトエンタテインメント 2004-07-23
売り上げランキング : 1,163
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 かめちゃん : January 24, 2004 12:39 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?