MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 話題の芥川賞作品を読む(1) | メイン | 話題の芥川賞作品を読む(2) »

2004年02月29日

地球は狭かった

今日は、読書感想文の続き(もう片方の受賞作についての)の予定だったけど、読めなかったのでまた後日……ってことで、今日はテレビ『NHKスペシャル:データマップ~感染症・謎の拡大ルート』から拾ったネタ。いま一番身近な社会問題=感染症の話だ……のつもり。
 日本をはじめアジアにおいて深刻なのは、H5型の鳥インフルエンザ。だけど、世界を見渡せば、さまざまな新種ウイルスが飛び交っており、シャレにならない状況に陥っているようなのだ。
 インドネシアでは今年、新種のデング熱ウイルスが猛威を振るい、オランダでは1年前、H7N7型の鳥インフルエンザが、そしてアメリカでは5年前にいままでなかった西ナイル熱が流行した。鳥インフルエンザは渡り鳥が、そしてデング熱と西ナイル熱は蚊が運ぶ。
 渡り鳥は、本来の住処=原生林が減ってしまったために、人里にまでやってくる。蚊は、飛行機やら船やら、人間達の移動にともなって、北の地域にまで勢力を広げている。日本でも、温暖化のせいで、亜熱帯にしかいなかった毒クモが住み着いてしまっている。まるで「ウイルス民族大移動」(クモは違うが)とばかりに、世界中にわらわらと散らばり侵略しているようで不気味だ。彼等の武器は、突然変異(クモは違うが)。21世紀最大の敵は、こいつら「ウイルス」なんだろう(クモはどうなんだ?)。
 それに加えて心配なのは、大気汚染(化学物質)に酸性雨。これらは大陸から風が運んできてしまうのだ。おとなり中国の急成長の影には、深刻な環境破壊問題があったりする。その問題を抱えながら、ただいま、先進国と同じ消費生活めざして、ばくしん中だ。
「誰もが米国人のような生活を望んだら……それだけの消費を支えるには、地球3個分の資源が必要になる」(『ナショナルグラフィックス』2004.3月号)のだそうだ。……まいったね。
 鳥インフルエンザも環境問題も、すでに国内だけでどうこうできる話じゃないってことだ。……困ったね。
 ウイルスははびこるし、エネルギーは減るし、地球を3個用意することはできそうにないし……どうすればいいんだろう。ワクチンを開発し、環境に優しいエネルギーを見いだし、宇宙ステーションに移住する? そして幸せな消費生活を……でも、消費生活にどっぷりつかっている若者たちは「生きづらい」って言ってるんですけど……。
 ま、明日は『蹴りたい背中』読もう。

投稿者 かめちゃん : February 29, 2004 04:54 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?