MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 外部記憶装置 | メイン | 話題にならない万博(2) »

2004年03月21日

話題にならない万博(1)

 今年はオリンピックの年だ。すでに選手の選考会や予選大会が行われ、にわかに盛り上がりを見せている。
 オリンピックの楽しみといえば、なんといってもメダルの数……じゃなくて、開会式だったりする。いろんな国の行進を観るのが好きなのだ。「世界には、こんなにいっぱい国があったのか」と、頭の中は、ディズニーの「It's a small world」状態になるのである(意味不明?)
 最近のニュースを観ていると、世界は、アメリカといくつかの国だけで廻っているような錯覚を起こしてしまうんだが、実際は、(日本が公式に認めている国だけで)190カ国もある。そこには温暖化で「数年後には沈むんじゃないかい」と言われているツバルという人口1万人ほどの小さな国もある。
 先々週のNHK大河ドラマ『新選組!』で、坂本龍馬が地球儀を持ち出し「これがわしらの住みゆう地球よ」と説明した後に、北海道がすっぽりぬけている日本列島を指し「小さいじゃろ」と言って、にっこり笑うシーンがあった。すご~く幼い頃、同じように親から世界地図を見せられ「これが日本だよ」と教わったとき、あまりの小ささにショックを受けた覚えがある(子ども時代の全能感はすさまじい。日本は世界の中心だと思いこんでいたのだ)。世界各国が参加するオリンピックは「日本は、あまたある国のひとつに過ぎないんだぞ」ってことを、思い出させてくれるのだ。
 それを思い起こさせてくれる祭典は、何もオリンピックだけじゃない。世界各国が参加するイベント・万国博覧会も、そのひとつだ。
 日本人が印象に残っているのは、1970年の大阪で開催された「日本万国博覧会」だろう。実は、すご~く幼い頃に行ってたりして……(おまえいくつだってばさ)。そこで生まれて初めて「コンピューター」という言葉を知り、生まれて初めて「ライチ」を食べた。その後も、定期的に万博は開かれているのだが、なぜか、あんまり話題にならないのである。
 1年後、愛知で万博が開かれる。博覧会名は「愛・地球博」で、そのテーマは「自然の叡智」だそうな。つまり、環境問題ですな。いったい、どのぐらいの国が参加するのだろう……と思ってサイトを訪ねてみた(http://www.expo2005.or.jp/)。いまのところ、参加国のナンバーは125まである。190カ国中125……結構な数字だ(イラクとアフガニスタンの名前はない)。小さい国は、パネル展示だけという場合も多いけれど、その国を知るには、万博はオリンピックよりも有意義だろう。だけど、テレビやネットがある時代、(わざわざ出かけて行くような)万博の役割は終わったという人もいる。万博という国の博覧会は、すでに、お役御免なのだろうか。
 世界最初の万博は、1951年のロンドン万国博覧会だ。鉄とガラスの会場『クリスタルパレス(水晶宮)』は、小説にもよく取り上げられているが、現存していない(閉会後の会場は、寂しい末路……なんだよなぁ)。
 日本が最初に参加したのは、1867年のパリ万国博覧会だ。だけど、この頃の日本はドロドロ状態で、幕府と薩摩藩と佐賀藩が別々に参加したらしい(東京大学付属図書館サイトより)。
 てなことで、「日本」としての最初の参加は、明治6年(1873年)のウィーン万国博覧会となる。この様子は、国会図書館サイトの電子展示会・世界の中のニッポン「ウィーン万国博覧会http://www.ndl.go.jp/site_nippon/vienna/」で垣間見ることができる。
 この博覧会での日本の展示は大好評で、ジャポニスム(日本趣味)がヨーロッパ中に広がる引き金になったらしい。展示品の目玉は、名古屋城の金のしゃちほこか仏像か? 目録を観ると、工芸品や美術品だけでなく、農具や大工道具などの生活用品や小舟に人力車、五重塔(?)なんてものまである。おまけに、室外展示で日本庭園を再現したとかで、そこに神社まで作ったらしい。できたばかりの新政府は、世界へのPRに必死だったのだろう。
 出だしとしては大成功だったに違いないその博覧会の帰り、乗員乗客90名と出品物192箱を積んだ船は、暴風雨のため、伊豆半島沖で遭難してしまったらしい。助かったのは5名だけ。出品物も翌年になって68箱分だけ引き揚げに成功したが、残りはいまも海の底らしい。なんてことでしょうな。
 と……あれ? 来年の愛知万博の話を書くつもりが、そこまで辿りつけなかったではないか。明日も(たぶん)万博話か? ……ということで、つづく。

投稿者 かめちゃん : March 21, 2004 05:38 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?