MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« ネズミ退治のいまむかし | メイン | 蜘蛛の糸 »

2004年03月31日

ゴミをなくす法

 駅からゴミ箱がなくなった。
 電車のアナウンスによると「テロ対策のため、ホームのゴミ箱を撤去いたしました。ご協力お願いしま~す」だそうだ。そういえば、地下鉄サリン事件のときも同じようにゴミ箱が消えたっけ。いやはや、なんともイヤな時代になったものだ。でもま、駅のゴミ箱なんて使わないし、関係ないか……と思った矢先、頬がピクッとひきつった。
 ゴミが、エスカレーターの手すりの脇にたまっていたのだ。空き缶や、ペットボトル、菓子の空袋、などなど。どうやら、ゴミ箱がないとわかるやいなや、駅そのものをゴミ箱にしてしまった輩がいるらしい。
 ゴミをポンポン捨てる行為には腹がたつ。「どうせ駅員さんが捨ててくれる」と思っているのだろう。「勝手に駅からゴミ箱を撤去したんだから、ゴミ拾いをするのは駅の責任」なんて思っているのかも知れない。だけど、自分が捨てたゴミが風に飛ばされ、線路に落ちたりしたらどうなるか、考えたりはしないのだろうか。
 駅や街で捨てた自分のゴミは、きっと誰かが片づけてくれると思っているのだろう。まあ、駅構内はそうかも知れない。たぶん、駅員さんがこまめに見て回って捨てているのだろう。いっそのこと、エスカレーターの前で大きなゴミ袋を持って立ってみたら?……じゃない。そんなことが言いたいんじゃなかった。
 いつだったか、教育テレビで「街のゴミがどこへいくのか」をテーマにした番組をやっていた。それによると、ビニール袋などの軽いゴミは、風に簡単に飛ばされて、けっこう遠くまでいく。そして、いつしか川に落ち、海へ向かうというのだ。渋谷で捨てたゴミが、時間をかけて、海へたどり着くのである。
 実は、大平洋に浮かぶ島々は、日本語が書かれたゴミでいっぱいだ(日本海には、韓国語やロシア語の書かれたゴミがいっぱいらしいが)。
 そして、死んで漂着したイルカやウミガメのおなかの中からは、ビニール袋やプラスチックのゴミが大量に出てきたりする。ゴミをエサと誤って食べてしまい、消化できずに死んでしまうのだ。
 これは極端な例かも知れないけれど、そういうこともあるのである。その場所の美化の問題は、二の次なのだ。自分のやる行為には、必ず先がある。それを少しでも考えてみてもらえれば……と思うのである。
 だけど、平気で駅や街にゴミを捨ててしまう輩は、ゴミが線路に落ちようが、海までたどり着こうが「そんなの関係ないじゃん」と思うだけだろう。
 そういうヒトたちに、説教がましくクドクド言っても効果はないに違いない。ならば、シンガポールのように、ゴミのポイ捨ては重罪にすればいいのだろうか。たぶん、「見つかんなきゃいいじゃん」で終わりそうな気がする。
 そういう輩にはムチは効かない。飴なのだ。で、どうだろう。とびきりオシャレでイキな携帯用MYゴミ袋を流行らせるっていうのは? ブランド大好き日本人のために、シャネルやエルメスがデザインしてくれるとか……え? 流行らない? じゃあ、その携帯用MYゴミ袋のゴミを、お近くのコンビニに持っていくとポイントがもらえ、それがたまるとお金じゃ買えない超レアなグッズが当たるとか……興味ない? じゃあじゃあ、宝くじ付きの携帯用MYゴミ袋っていうのはいかが? 同じくゴミをコンビニに持っていくと、くじが引けるとか……。
 とまあ、とにかく、なんでもいいから、ゴミは捨てるよりも捨てない&拾うほうが得をするという仕掛けをつくればいいんじゃないかと言いたいのだ。
 なんて、実は外のことばかり言ってはいられない。ウチも家がゴミ箱になっているではないか~っ! では、我が家でも、散らかすより片づけるほうが得をする仕掛けを……。
 と、やっぱりこの考えはダメかも知れない。片づけたほうが得をする(気分がいい!)ことぐらい初めからわかっているではないか。わかっているのに、できないのだ。……嗚呼、情けなか。

投稿者 かめちゃん : March 31, 2004 05:56 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?