MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 喜びと不安の伝播 | メイン | おまけ地獄へようこそ »

2004年04月16日

自己責任の先には

 悲しいかな、日本政府の言葉に反感を覚え、アメリカのパウエル長官の言葉に感動を覚えてしまった。何って、例の3人の「自己責任」についての見解のことだ。
 日本政府側はこぞって「自己責任」「迷惑だ」「自覚をもってほしい」との非難の嵐だった。(賠償請求をしたほうがいいという政治家までいた)。かたやパウエル長官は、「平和を築くためには、リスクを冒さなければ前に進まない。自らの危険を冒してまでも行動に出た3人を、日本人は誇りに思わなければならない」と敬意を表した。その通り! 拍手喝采……と思ったけれど、なんだかこっちのほうが、少数派のような気がして寒くなった。
 日本人というやつは、お上や世間に迷惑をかけることを恥とし、悪と考える傾向があるように思えてならない。それに加え、ご家族のどなたかも言っていたけれど、「心配して損をした」という言葉にあるように、自分が心配した分だけ、多大な感謝や謝罪がかえってくるのが当然と思う傾向があるのではないだろうか。
 この感情はわからなくもないけれど、根本的におかしいと思うのだ。親族なら別の思いもあってのことだけど、だいたい他人を「心配する」ということは、彼等のために心配しているんじゃない。自分が心配せずにはいられないから心配するのだ。自分がその立場だったら耐えられないから、救いたい気持ちにかられるのであって、なにか心配したことへの同等の見返りがほしいわけではない。
 彼等は元気で無事だった。国は誠心誠意仕事をした。以上、終了……ではなんで納得できず、「自己責任」の問題になっちゃうんだろう。「もうこんな心配するのは御免だわ」という思いからだろうか。それとも「君子危うきに近寄らず」で「すべてはお国にまかせましょう」という考えからだろうか。もし、この考えが国民の大半をしめるとしたら、この国は主権在民の民主国家じゃないのかも知れない。
 もし今回の件をきっかけにして「国に迷惑をかけたら実費ですよ」なんてことになったり、「国の方針に従う者は助けるが、勝手なことをするやつは知らないよ」ってことが許される国になったらどうだろう。そんな国の未来を思い描き、1200字以内で答えよ……と聞かれたら「1200字もいりません。逃げたいです」と答えるだろう。
 いま、ファルージャで何が起きているか、日本の大手メディアの情報では真実はまったく見えてこない。「都合の悪い情報は規制してるな」とはっきりわかる。しょうがないから、彼等のように、国の勧告をやぶってリスクを冒し、現地取材しているひとたちの情報に頼らなくてはならなくなるのだ。
 ああ、そうだった。今は戦争中だった。政府が都合の悪い情報を隠すのは当然といえば当然だ。きっと、彼等3人に関する真実も隠されるだろう。だけど、この戦争、なんだかおかしいと思う者にとっては、バランスよく、両サイドからの情報を得ないと気が済まないのだ。
 ま、なんども同じことを書いてしまうけど、歴史の裁きを見るしかない。ファルージャの大虐殺は、きっとその何行かを飾ることになるだろう。そして、イラク側の武装勢力について、テロリストと書いてあるのか、レジスタンスと書いてあるのか、それとも新しい言葉が当てられているのか……。
 未来のみぞ知る、だな。

投稿者 かめちゃん : April 16, 2004 06:25 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?