MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 自己責任の先には | メイン | 映画鑑賞~アップルシードの巻~ »

2004年04月17日

おまけ地獄へようこそ

 お菓子に付いているおまけ。子どもがそのおまけのオモチャ欲しさに親におねだりする姿は、なんとも微笑ましい。が、いまは大人がそのオモチャ欲しさにお菓子を買っていると聞き、「なんだかなぁ」と思っていたのだが……。
 culiがコンビニでペットボトルの飲み物を買ってきた。そして、「ほら、おまけ」と渡してくれたのが、『新江ノ島水族館の誘い』というおまけシリーズ、海洋生物フィギュアだった。
「なんだこれ?」と開けてみてびっくり。クラゲだ。タコクラゲ。しかも、ものすごーく、精巧! どうやら江ノ島水族館のリニューアル記念として、博物学者の荒俣宏氏が企画監修し、おまけといえば海洋堂! と誉れ高い造形制作会社が手がけたものだ。
「ほしい! 全部で16種類。全部ほしい!」とおまけに付いていた解説書を見て、だだっ子になってしまった。そこには16種類すべての写真が載っており、ウミガメやらカサゴやら、クマノミやら、どれもこれも、とにかく精巧! すごい、すごすぎるのだ。
 グリコのキャラメルに付いていた昔のおまけは、色は一色、プラスチック製で真ん中に型の継ぎ目が入っていた。それでも喜んでいたけれど、いまのおまけは半端じゃない。これなら大の大人が、おまけ欲しさにお菓子を買い求めてしまうのも納得だ。
 しかしまあ、どうしてこのようなミニチュアフィギュアを欲しいと思ってしまうんだろう。箱庭を作りたくなる心理と一緒だろうか。「ここはオレ様の支配する世界だぞ~」みたいな。いや、それに加え、このようなおまけ集めは、集めること自体が楽しいのだろう。
 全種類そろえたくても、何が入っているかは開けてみなければわからない。同じクラゲばかり集まってしまう可能性もある。
 ってことで、16種類集めるには、何本買えばいいのだろう。確率の問題だ。確率……数学……計算……ぎゃっ! いやだ。しかし、これがインターネット時代のすばらしさで、そういうのを計算しているヒトは必ずいるのである。
 見つけたサイトは、「場合の数・確率を勉強しよう!(http://www.kjps.net/user/kakuritsu/)」である。いろんな計算問題があり、おまけをそろえる確率の問題はレベル3らしい。
 ぞろぞろぞろぞろぞろと、計算式が載っているが、わかるはずもない。え~ん、と泣きたくなったが、ページの下のほうに、あった! 自動計算してくれるフォームが。
 で、さっそく、16種類と打ち込んでみると……
 およそ54.091663891663885本買わなくてはいけないとでた。
1本、150円として……(計算機で計算中)……約8000円!
 このフィギュア、実は現地(新・江ノ島水族館)の館内限定のガチャガチャでもゲットできるらしいが、こちらも確率としては同じだよなぁ……うーん、8000円かぁ……うーん。ともかく、毎日1本、買ってみるか。
 こうしておまけ地獄にはまってゆく。
 

投稿者 かめちゃん : April 17, 2004 06:26 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?