MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« ご近所の治安 | メイン | 季節はずれの台風 »

2004年05月18日

政治家の資質って?

 言うなれば、政治家としての姿勢の問題なんだろうか。
 年金未納問題で、民主党の小沢氏が代表候補を辞退した。だけど、彼が未加入だったのは、任意加入の時期だった。これなら小泉首相と同じであり、かたや「政治的責任はいっさいない」と言っているわけで、国民の大半も「(小泉氏に対して)辞める必要を感じない」とコメントしている(数本のニュースソースより)。小沢氏の行動は、首相に対する挑戦なのだろうけれど、どうやら不発に終わりそうな気配だ。
 つまり、こういうことか? 地域の集会で、「みんなで裏の川を掃除しよう!」と決めた。だけど、いろいろ事情があるだろから、強制するわけじゃない。当日、多くの市民が集まったけれど、その会議でそう決めた役員たちは来ていない。そこで、市民のひとりが家を訪ねてみたら「なに言ってんだ、強制じゃないんだから、参加しなくても、咎められる覚えはない」
 これで、「ああ、そうですね」と納得できるのだろうか? 小沢氏はそういうことを言いたかったんだろう。つまり、政治的責任を問うているわけじゃない。政治家という職業についているものの姿勢(倫理か?)を問いているんだろう。
『うそつき』(v.フォード著・森英明訳)という本の中に「権力を求める政治家には、自己愛的な人が多く、その人格特性がうそを助長する」と書いてあった。今回の未納兄弟たちのいいわけ合戦を聞いていると、この一文を思い出してしまうのだ。現代の政治家という職業に求められる資質は、うまいウソやいいわけが言えること! なのだろうか?
 今回のこの小沢氏と小泉氏の態度をどう判断するか? それによって、きっとわかるだろうな。この国のヒトビトが、政治家という職業人に、いったいどんな資質を求めているのかがね。

投稿者 かめちゃん : May 18, 2004 12:15 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?