MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 政治家の資質って? | メイン | 世界に広がるおにぎり »

2004年05月19日

季節はずれの台風

「台風2号は21日には関東地方に接近し……」
「ん? 台風?」
 一瞬、いまが何月かわからなくなった。記憶によれば、この地域の台風シーズンは9月だ。いや待て。その記憶はいつのものだ? 昨年だって、7月ぐらいに来ていたような……忘れた。ともあれ、このところ、台風は早い時期にやってくる。これも温暖化の影響なんだろうか?
 夏に向けて、ベランダの花壇にひまわりのタネをまいたばかりなのだが、この雨でふやけてしまわないかちょっと心配だ(ふやけるのか?)。一昨年だったか、やはりひまわりのタネをまいた。しかし、成長が遅く、咲き始めたのは9月になってからだった。秋のひまわり。「季節はずれだなぁ」とつくづく思ったものだ。
 春は桜、夏はひまわり、秋はコスモス、冬は……ええっと……と、まあ、四季のある日本には、季節を代表する花がある。また、春は花見、夏は花火に海水浴、秋はハイキング、冬はスキーと、季節に合った遊びもある。しかし、このところ、そのシーズンが微妙にズレている。
 桜は3月中旬から咲き始め、クラゲは8月上旬にはもうウヨウヨ。雪は12月になっても降らない有様。本当に、日本は季節のない、亜熱帯気候に変わってしまうんだろうか。
 いや、それでもまだ、海に沈んでしまうよりはマシかも知れない。南国の島、ツバルは、このまま温暖化が進めば、島が海に沈んでしまうと言われている。22世紀の世界地図は、国境線だけでなく、地理的にも、現代の地図とは変わってしまうのだろう。
 それにしても……台風、それてくれないかなぁ。

投稿者 かめちゃん : May 19, 2004 12:17 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?