MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 夢の歯医者 | メイン | ブラッドベリのキノコ »

2004年06月10日

ベランダ菜園

 小松菜が……全滅した。
 梅雨に入ってからというもの、ベランダの菜園の水撒きは、お空の雲にまかせっきりで、様子を見に行くこともなかった。というのも、5月末に、小松菜についたあおむし(たぶんコナガ)をピンセットでくまなく排除し、「これでもう安心!」なんて思っていたからだ。
 おそるべし、あおむし。たった数日の間に、再び沸いて出てきていたのだ。いったい、こいつら、どこから来るんだろう。ここは5階だぞ。しかも、ベランダの菜園なんて、ホントに小さなプランタを二つ並べてあるだけの微々たる世界。そこに目をつけ卵を産み付ける蛾って、いったいなんなんだ?
 とはいえ、どうやら、小松菜というのは、虫が付きやすい野菜ナンバーワンで、無農薬で栽培するのは、非常に難しい野菜なんだそうだ。それだけ栄養があって、おいしいってことなんだろう。
 だからといって、「ベランダの小さな菜園に農薬使うのもなぁ。もし、農薬使うんだったら、家でつくる意味ないしなぁ」ってわけで、ミニビニールハウスでも作ってカバーするしかないんだろうかと、ぼんやり考えていた。
 すると、である。最近よくみかけるスズメたちがベランダにやってきた。そして、チュン、チュン、チュンとベランダを駆けめぐり、小さな小松菜のプランタの中に入り込んだ。「もしや、こいつらも小松菜狙ってるんかい!」と思ったのだが、スズメが狙っていたのは、あおむしである。
「おお、これぞ食物連鎖! そのスズメをカラスが狙い、そのカラスを……続かない(そういえば、カラスのミートパイ計画はどうした?>東京都知事」
 こんなマンションのベランダの小さな小さな一角でも、自然界のルールは保たれているわけだ。が! そんなのを黙って見ていたら、いつまでも小松菜を収穫できないではないか!
 そうだ、家ン中で作ろう! だけど、もし、家ン中でもあおむし沸いたら……? うげっ。
 そんなあおむし、こわすぎる。

投稿者 かめちゃん : June 10, 2004 12:52 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?