MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 固有種は弱し、外来種は強し | メイン | お休みです »

2004年06月17日

DVD鑑賞『リターナー』の巻

 culiが借りてきたDVD、映画『リターナー』(山崎貴監督)を観た。2002年に公開されたSFアクション映画で、公開前、渋谷の街をジャックして、大々的に宣伝していたのを覚えている。
 SF好きなので「どんなもんかい」と思って観たのだが……。
 特撮(CG)はいい! だけどストーリーが……演技が……うーん、もうひとこえ(ハリウッドまでの道は遠い)。
 ストーリーは、宇宙人との侵略戦争で人類滅亡の危機に陥った近未来、最後の望みは、タイムマシンで過去へもどり、最初にやってきた宇宙人一匹(人)を殺害すること! その任務を託された少女が、相棒を殺されて復讐に燃えるリターナー(闇世界でブラックマネーを取り戻す仕事をしているひと)の青年と組んで、その宇宙人殺害に乗り出す(それが青年の復讐相手と絡んでくる)のだが……ってな話。
 宇宙人の侵略っていえば『インディペンデンスディ』みたいなものか? と思いきや、規模が違った。あんな物騒なモノ(宇宙船と宇宙人)を捕獲しておきながら、国やら政府やらの顔はほとんど見えない。闇のグループがいとも簡単に盗み出し、少女と青年VS闇のグループ(復讐相手)で解決……ですか。なんというか、リアリティがなさ過ぎてつまらないのだ。
 でもまあ、『インディペンスディ』と違うのは、侵略者=悪者という単純な設定にはしないことだ。モチーフは『風の谷のナウシカ』か? ってな感じで、宇宙人の扱いは、まるで『ナウシカ』のオーム。日本人って、悪いのはあくまでも人間側にあるという設定が好きなのだろうか。
 ともあれ、せっかくCGやら特撮技術はすぐれているんだから、中身を何とかしてほしいなぁ>邦画。
 ちなみに、その後『陰陽師』(滝田洋二郎監督)も観たのだが……書く気にもならない。がんばってよ>邦画!


リターナー〈スタンダード・エディション〉
金城武 鈴木杏 樹木希林 岸谷五朗

アミューズソフトエンタテインメント 2003-03-07
売り上げランキング : 22,656
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 かめちゃん : June 17, 2004 01:07 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?