MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« May 2004 | メイン | July 2004 »

2004年06月30日

終わりの始まり

 スポーツジャーナリストの二宮清純氏が、「これは終わりの始まりだ」とのたまった。近鉄とオリックスの合併騒動を受けてのある番組(videonews.com)での発言である。
 ま、あんまり野球には興味がないので、どこが合併しようが1リーグ制になろうがどうでもいいや、とは思う。二宮氏の話を聞けば、結局、日本の野球が面白くなくなってしまったのも、経営赤字が続き合併に至ってしまったのも、「誰のための野球か?」を忘れてしまった現在の組織やシステムの内部崩壊が原因のようである。
 養老氏がある番組で、日本がダメな理由を「みんな真剣じゃないから」と言っていた。日本の野球界(関係者やファン)は、崩壊への道に立たされて、ようやく真剣に考えるようになったのではないだろうか?
 なぜ面白くないのか? の原因のひとつとして、二宮氏はこんなことを言っていた。「芝生が違う」のだと。
 大リーグを見に行くと、まず、生の芝生の匂いがして、ビールがおいしいんだそうだ。グラウンドは生の芝生があたりまえ。なぜなら、芝生は怪我を軽減するから。本来、野球は土に根を張る芝生の上でやるものなのだ。そこでなら、どんな派手なスライディングをしても大した怪我はない。だから、選手たちも思い切った競技をする=面白い試合になる。翻って、日本の球場のほとんどは、下はコンクリート。そこに人工芝である。こちらはけっこう、怪我をするらしい。なので、選手たちは無意識にムリをしない=面白味に欠ける……んだそうな。
 つまり、スポーツをするための環境が貧弱! ということだ。人工芝は手入れが楽だし、コストも安い。経済優先主義だからだろう。
 好きな映画の一本に、『フィールド・オブ・ドリームス』がある。貧乏農場主が夢の野球場を作る話しだ。おとぎ話ではあるけれど、アメリカ人が野球に込めた思いがひしひしと伝わってくる。本来、スポーツが持っている夢とはこういうことなんだと教えられた気がしたものだ。
 今回の合併騒動で真剣になったヒトビトは、日本の野球界に昔の活気を取り戻せるだろうか。ギャラの高さではなく、野球が好きだからという純粋な気持ちで「将来野球選手になりたい!」という少年を増やすことはできるだろうか。いや、「メジャーの野球選手にならなりたい」という少年ならいまも少なくあるまい。野球が嫌いなわけじゃないのだ。
 なぜメジャーならよくて日本野球はイヤなのか……その理由を考え、議論するところから始めれば、何か見えてくるんじゃないだろうかね。

投稿者 かめちゃん : 01:24 AM | コメント (0)

2004年06月29日

原風景

 この数日間、家族(親きょうだい)の間で昔話が花咲いている。昔住んでいた家の前がどうなっていたかとか、飼っていた鶏のことや(名前をつけてかわいがっていたのに、食べちゃったんだよね)、つくしをよくとって食べていたとか、バッタに咬まれたこととか……。微妙に記憶が食い違っているのがまた、おもしろい。
 ひとつ記憶の糸をたぐると、忘れていたことが次々と思い出されてくる。なかでも、もう一度、戻ってみたいなぁ……と強く望むシーンがある。満天の星空の下、蛍が飛び交う野道を家族で歩いていくシーンだ。たしか、できたばかりのお風呂屋さん(数種類のお風呂がある)に向かっていたんだと思う。「そのお風呂にもう一度入りたい!」ってことではない。月明かりと幻想的な蛍の光に照らされていた、あの畦道に戻ってみたいのだ。ま、つまり、蛍見たいなぁ……ってことなんだが。
 さて、あの地域(金沢)では、まだ蛍は飛んでいるんだろうか? 都内では、わざわざ捕まえてきて屋内で見せるというイベントを時折やっているようだけど、満天の星と小川のせせらぎとしめった草の匂いがなくちゃ、蛍の本当の美しさはわかるまい。
 それにしても、不思議に思い出すのは、田舎の風景と生き物たちとの触れ合いばかり。窓にはいつも黄緑色のアマガエルが張りついていたなぁ……とか、メダカはけっこう素早く泳ぐ……とか。いまは思い出の中にしかでてこない(川、近くにあるのにドブ川だし)。
 蛍もアマガエルもメダカもその数を減らしているときく。学校ではいまでも『蛍の光』や『メダカの学校』など歌っているんだろうか。「蛍ってなに?」「メダカってなに?」とホンモノを見たことのない子ども達も多いんだろうな。
 ちなみに東京に越してきたばかりの頃、『蛍の光』を歌いながら「蛍はわかるけど、窓の雪がなんで明かりになるの?」と言っていた友人がいた。雪って、けっこう月明かりを反射して明るいのだ。これも金沢の原風景のひとつだな。むしろ蛍の光を明かりにしていたという逸話が気になる。いったい何匹つかまえれば明かりになるっていうんだろう??(おまけにチカチカするし)。
 目、悪くしただろうな。

投稿者 かめちゃん : 01:23 AM | コメント (0)

2004年06月28日

イラク復権

 いきなりでしたね……イラクの主権移譲。暫定政府会議室の中で、ものの5分、出席者6名ですみやかに行われたそうだけど、これで状況は、好転するのだろうか。
 今後のスケジュールは、来年1月末までに国民議会選挙が行われ、移行政権が誕生する。この移行政権下の国民議会で、同年8月15日までに恒久憲法草案をつくる。その2ヶ月後までに、国民投票で承認を得る……てな具合らしい。恒久憲法が設定されるまで、産みの苦しみは、まだまだ続くんだろうな。
 イラク基本法をざらっと見れば、民主主義がきれいに貫かれている。この国の困難は、憲法と宗教的信条のどちらを重視するのか? ってことなんだろう。今後、その天秤を左右していく大きなカギはやはり教育なんだろうな。
『新しい世界史』(マルク・フェロー著/藤原書店)という本に日本の戦前の歴史教科書からの引用が載っている。この本は、世界で子どもに歴史はどう教えられているのかを地域別、国別に紹介しているものだ。ちなみにアラブ諸国では、最初の教育は宗教で、サウジアラビアあたりだと、高学年になると授業の3分の1が宗教教育にあてられているそうな。さて、その本からの抜粋。
「天照大神の誓いによって、日本は時のはじめから終わりに至るまで、ただひとつ天皇の家系だけを重んじることになりました。天皇は倒されることがなく、皇室はとだえることがありません。国民は家族=国家を核に、万人共通のひとつの意志に溶け合い、孝行と忠義の理想を中心に一体となります。この構造は日本独自のもので世界でたったひとつしかありません。それゆえ日本は神々から深く愛される国となります……」(P379より抜粋)。
 それが戦争に負け、民主主義的新憲法が設定されると、教科書も変わった。歴史教科書に神様はもう出てこない(とはいえ、世界史では、ローマは狼に育てられた双子が建国しただの、聖書そのものが歴史として語られていたりと、「神話とごっちゃじゃん」という下りは多いけどさ)。
 欧米の文化にどっぷりつかり、欧米思想に慣れ親しんだいまの日本人には、これからのイラクや中東諸国、それに近代化していく中国やさまざまな国に何を語れるんだろう。「民主主義はいいよ」とは言える。では「なんでいいの?」と聞かれたら、きちんと答えられるだろうか。
 なんて、よその国のことを心配してばかりはいられないんだった。暫定政権に移ったことで、自衛隊は多国籍軍の一員になっちゃったぞ。知らないウチに「あれ? 米軍に混じってない?」なんてことにならなきゃいいけど。

投稿者 かめちゃん : 01:22 AM | コメント (0)

2004年06月27日

『新選組!』のイメージ変わる?

 今日が最終回でもよかったかも>大河ドラマ『新選組!』。
 どうも役者のせいか、シナリオのせいか、主役のメンバーより今日、暗殺された芹沢鴨のほうが断然、存在感があったように思えるのだ。これでいなくなっちゃたか……と思うと気が抜ける。
 いままで描かれてきた新選組の芹沢鴨といえば、乱暴狼藉を働くだけで「こんなやつ、早く排除してしまえ!」と誰もが怒りを覚えるような悪役だったのに、三谷脚本では、そうはならなかった。悪行の裏側(人間の業やら哀しさやら)を浮き彫りにして、視聴者側に理解を求めてきた。三谷氏は人道的なヒトなのだろう。
 暗殺の陰謀を企てた主役側の真意は、とうてい立派とは言えない。「正義の味方が悪人をやっつけてスッキリ爽快!」という水戸黄門的な展開を期待して観ていたら、鬱になること請け合いである。これからの後半は、ますます重く汚い内容になっていくけれど、鴨の次に存在感を示してくれるキャラは誰になるだろう。坂本龍馬かな? なんか、いままでにない新選組であることは確かである。
 なぜ、主役メンバーには魅力を感じないのだろう。その理由として、あまりに彼らが自分たちと等身大に描かれていて、同類嫌悪が起きているからではないかと思えなくもない。「やだな、自分みてるみたいじゃん」……である。
 いつの間にか、自分の信念よりも組織を守ることが大切となり、おかしいと思っていても、異議を唱えられなくなってしまったり、「この人についていくと決めたんだ」と、自分の考えを放棄しヒトの背中で生きようとしたり、ちょっとの批判も受け入れられず、批判するような不快なヒトは排除したくなったり……と、ぜんぜん、かっこよくない。おまけに歴史は変えられないから、その無様な状況を続けながら、最後は崩壊するしかない。これでカタルシス得られるか?(そういうドラマじゃない?)
 新選組の人気は、後世描かれてきた小説や映画によるところが大きいけれど、この三谷新選組によって、その流れはどうなるだろう。少なくとも、芹沢鴨に対する悪評は、若干、緩和したんじゃないだろうか。小説や映画が与えるイメージは、歴史書よりも大きいのだ……それが怖かったりもするけどね。 

投稿者 かめちゃん : 01:20 AM | コメント (0)

2004年06月26日

冬ソナ観た!

 本屋の棚が変わった。
 とにかく目に付くのは韓国ドラマ関連の雑誌や本、それに韓国語の語学教材である。その棚の前で若い主婦らしき女性がふたりほど熱心に読みふけっている(買えよ)。
「ホントに韓国ブームなんだなぁ」とつくづく。このブームに火を付けたのは言わずと知れた韓国ドラマ『冬のソナタ』だ。
「純愛ドラマに興味なし」ということで観る気はしなかったのだが、テレビを付けっぱなしにしていたら……観てしまった。12話。
 ヘンだ。吹き替えがヘン! ……欧米の海外ドラマでの吹き替えには違和感を感じないのに、なぜか、異様な違和感を覚えた。東洋人役者へのアフレコに慣れていないせいかも知れないし、単に声優がうまくないせいかも知れない。もしかしたら、同じモンゴロイドなら顔つきや体格で「だいたいこういう声質になる」というのが経験上わかっていて、そこに違いを感じてしまうからかも知れない。で、字幕はないのか! とリモコンをカチャカチャ動かしてみたけれど、ないっ! 字幕も用意して!>NHK
 ま、しかたない……と、ストーリーを追い始めたが、なにしろ12話(全20話)なんて中途半端な回なわけで、わけがわからん。主人公の女の子(チョン・ユジン)がふたりの男性の間で揺れている……って構図に、家庭の事情(秘密)が隠されているという感じか? 
 それにしても、なるほど、音楽がいい。静かな映像展開に素朴なピアノの音がゆったりかぶっている。日本のドラマとは、テンポが違いますな。それと、自然がキレイ。ストーリーはおいといても、映像だけで癒されるヒトは多いのかも知れない(役者を観ているだけでも癒される?)。
 さて、日本も7月から新ドラマが続々始まるようだが、観たいと思えるものはあるだろうか? 『人間の証明』? 『世界の中心で愛を叫ぶ』?……映画で受けたから今度はテレビってことだろうか。
 うーん、いまいち「観たい!」と心動かされるものがない(ここ数年ずっとそう。除く「大河」)。どういう話なら観たいと思うだろう……。やっぱり『亡国のイージス』だな。あのストーリーは、2時間ぐらいの映画じゃ物足りない。1年ぐらいかけてドラマでやってほしいなぁ……と思っても、自衛官のクーデターなんて物騒な話、お茶の間には流せないだろうな(それにセットに金がかかりすぎるし)。
 さて、『冬のソナタ』に続いてブームになるドラマはなんだろう。やっぱり、韓国ドラマ? 中国ドラマっていうのはないのかな? 中東のドラマとか、インドのドラマとか(映画は人気あるよね)。マンネリしてきた日本のドラマに良き刺激を与えるためにも、いろんな国のドラマを輸入してもらいたいものですな。

投稿者 かめちゃん : 01:19 AM | コメント (0)