MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 記憶の嘘 | メイン | 月の土地 »

2004年07月03日

メルちゃん観察日記

「モルモットはもともと夜行性なんですが、ヒトの生活にあわせるようになりますよ」とショップのヒトは言っていた。つまり、昼間は起きていて、夜は寝る……ウソだった。
 メルちゃんは、朝、エサを食べた後、「おやすみ~」である。ヒトが小屋の前を通る度に目を覚まして顔を上げるが、すぐにグテッと寝る。夕方の食事の時間まで、ずっとそんな感じだ。
 が、ひとつだけ不思議なことがあるのだ。これはメルちゃんに限ったことではなく、歴代のモルたちもそう。ヒトが食事をしている時には、必ず、起きてきて食事をするのである。
 メルちゃんの食卓(小屋だ)とヒトの食卓は、いちおう同じリビングルームにあるのだが、距離は離れている。エサだって違う(あたりまえだ)。朝、エサを食べた後、「おやすみ~」とグテッとするのだが、その後、ヒトが食事を始めたら、ふたたび起きてきてエサを食べる。
 なんで?
 テレビで料理番組をやっていると、食べたすぐ後でも「おいしそうだな」と思ったりする。「夕食はこれだ!」と影響される。視覚が食欲を刺激するのだろう。でも、ドッグフードのCMを見たって食欲をそそられることはない。「そんなもん、自分のエサじゃないもん」……だからだ。
 当然、メルちゃんが食事をしているところを見ても食欲がわくわけじゃない。なのに、なんでメルちゃんはヒトが食事をしていると、食欲がわくのだ? さっき食べたばかりなのに、ふたたび食べるのだ? 不思議である。
 動物生態学ではこの行動をどう考えているのだろう。残念ながら、その手の本をいまだ探し出せないでいる。犬やネコの行動を研究した書物は見たことがあるけれど、小動物の行動を研究した書物は一般の本屋さんには置いていないようだ。誰か知らないだろうか?
 犬はヒトも同じ種族だと思っているようだと聞いたことがある。だけど、ヒトをみて発情する犬などいないだろうし、その逆もない(はず!)だけど、犬やネコも食事をする時間は、ヒトと合わせるんじゃないだろうか?
「食べる」という行為が食欲をそそるということは、種族を超えて伝播する? 誰か教えて。 

投稿者 かめちゃん : July 3, 2004 01:30 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?