MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 笹の葉さ~らさら | メイン | 江戸川乱歩と秘密の部屋? »

2004年07月07日

ダイアナの噴水

 あっつーーーーーぃぃぃぃぃぃっ!
 なんなんだこの暑さは! 「昼間は冷房いれるもんかっ!」とがんばっているけれど、風が吹かないと最悪。パソコンが熱暴走しそうだ。メル小屋は、すのこの下にアイス枕を置いてしのいでいるが、身体をだら~んとのばし、すのこにはいつくばるようにして寝ている。おまけに目まで閉じているものだから、死んでるみたいだ。ちょっかいを出すと、キンキンと怒ってはね回るので、元気そうではあるが。
 で、こんな日は、涼しそうなものには自然と目がいく。パソコンに向かっての仕事の最中、つけっぱなしのテレビで、水場でブロンドの女の子が楽しそうに水遊びをしている映像がチラリと映った。
「あ~、気持ちよさそう……」とテレビに釘付け。どこのプールだろうと思ったら、ロンドンのハイドパークにできたダイアナ元妃を記念する噴水の完成式典の中継だった。
 紫色のドレスをまとったエリザベス女王が、粛々とスピーチする中、楕円形の噴水(流れるプールみたいだ)の映像が映し出されている。緩やかな流れの場所と険しい流れの場所があり、ダイアナ元妃の人生を表しているとかなんとか言っていた。その一部が、子どもたちの水遊び場に開放されているようだ。
 ダイアナ元妃か……。いままで数多くの著名人の葬儀の模様を観てきたけれど、本当に悲しくなったのは、彼女の葬儀だけである。プリンセスだった時代のことはよく知らないが、離婚後、地雷撤去やエイズ撲滅のために行ってきた数々の活動には、心打たれるものがあった。真実はどうであれ、事実は、パパラッチに追いかけられての車事故。人間の持っている「ヒトの醜聞を知りたい」というくだらない欲望の犠牲者だ。ああ、もったいない。これからも、世界で活躍してくれるヒトだったのに!
 そういえば、使い古しの携帯電話が、データをそのまま残して秋葉原で売られているというニュースがあった。購入者の目的は、安い携帯が欲しいからではなく、携帯に残っている他人のデータを見て楽しむことだというので驚いた。「ヒトの人生追っかけるより、自分の人生追っかけなよ」と思うのだが、映画見るのも小説読むのも、(架空であれ)ヒトの人生追っかけてるようなものか。要は節度の問題。たとえ芸能人であっても(私人は当然!)、プライバシーや名誉を傷つけるような、追っかけはやめて欲しいものである(税金で生きてる公人は別)。
 それにしても、なんで噴水? WEBで拾った記事によれば「ダイアナ元妃は泳ぐのが好きだったから」だそうだ。ちなみに設計者は建築家のキャスリン・グスタフソンさん。総工費は300万ポンド也(約5億4000万)!
 銅像や石碑よりは、絶えず流れ続ける「水」というアイディアは、なかなか良いかも知れない。子どもたちが戯れることのできる記念碑なんて、ダイアナ元妃らしいではないか。
 そうそう、噴水とみれば小銭を投げる日本人観光客よ、くれぐれも、やめてね。

投稿者 かめちゃん : July 7, 2004 01:36 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?