MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« IT革命の恐れ? | メイン | 次世代トイレ »

2004年07月11日

行動あるのみ!

   野球は興味ないんだけど……やられましたな。
 今日は第20回目の参院選。夜8時からはどのチャンネルも選挙関連の特番ばかりである。政治家の自己都合的発言を聞いていても不愉快になるばかり。投票率が60%にも満たない状況(56.57%)でなにを言われてもばからしい。政治家はその国のヒトビトの鏡。無責任な国民の元では、無責任な政治家しか生まれないのはしかたあるまい(投票しなかった40%のヒトは民主主義嫌いなの?)
 とはいえ、特番以外は野球(オールスター)とバレーボール(女子ワールドグランプリ)しかやってない。またCSしかないか……とリモコンを持ったのだが、その手はピタリと止まった。
 画面には新庄選手のみごとな本盗のシーンが! もりあがるスタジアム、興奮するベンチ。リアルタイムではなく、VTRではあったけれど、目が釘付けになった。その後には、いきなりホームラン予告をしておきながらバントに転じたVTR。新庄のパフォーマンスで客席もベンチも笑顔がとまらない。
「すごい」
 のひとことである。どんな言葉よりも行動に勝るものはない。野球などこれっぽっちも興味のない者にまで、「おもしろい」と思わせるこの力はなんだろう。たぶん、MVPをとった新庄選手の「これからはパ・リーグです」という言葉を聞くまでもなく、合併、1リーグ制への「待った」であろう。言葉で押し合うよりも、ストライキを実行するよりも、おもしろい試合を見せること。天晴れである。
「こんなおもしろいオールスター戦が見られなくなる。それで本当にいいのだろうか?」
 そんな疑問を抱いたヒトは、野球ファンだけではなかったはずだ。野球場にオーナーの顔は見えない。そこには選手とファンの絆があるだけだ。
「いやぁ、いいもの見たなぁ」と思いつつ、チャンネルを変えると、いがつい政治家の顔。
「責任はとらない」「結果は関係ない」
 政治は本当におもしろくない。政治家と国民の絆が弱い証拠でしょうな。

投稿者 かめちゃん : July 11, 2004 10:37 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?