MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« ギリシア特集~ギリシア哲学 その1~ | メイン | ギリシア特集~生活 その1~ »

2004年07月31日

ギリシア特集~観光名所 その1~

  「ぼくね、妖精が見えるんだよ。きみには見えないかも知れないけどね。ふふふふふ~」
 突然、こんなことを言った日には、周囲は急に優しくなり、心療内科医の元までタクシーを飛ばしてくれることだろう。しかし、周囲にプロタゴラスがいれば、「存在するモノは存在する。存在しないモノは存在しない。それを認識するしないは、ヒトによるもの。万物の尺度は人間なのだからの。ふぉっ、ふぉっ、ふぉっ」と軽く受け流してくれるに違いない。
 と、昨日の続きはまた今度にして(そればっかり)、このプロタゴラスともお友達だった都市国家アテナイの黄金期の指導者、ペリクレスが作った神殿のお話。ギリシア観光人気NO1のアクロポリスの丘にそびえたつパルテノン神殿である(その前にも神殿は建っていたようだがペルシアとの戦争で壊されてた)。
 なんでいきなりパルテノン神殿? ……って、3年前にculiが仕事でギリシアに行ったときの写真があったから。それだけ。
 もし、タイムマシンで過去に行けるとしたら、このペリクレスの時代(紀元前5世紀)のアテナイ(アテネ)も行きたい時代のひとつである。文学、演劇、音楽、自然哲学が花開いた黄金時代。いったい、街の雰囲気はどんなだろう、どんなモノを食べてどんな生活をしていたのだろう……と興味津々。が、現代の常識を抱いてその時代に降り立てば、きっとPTSDになってしまうに違いない。
「人間のうち、支配されるよう生まれついたものを征服して奴隷とする戦争は、狩猟として獣をとらえるのと同じく自然に即して正しい」「家父長が育てたくないと思って嬰児を捨てることに倫理的な罪悪感はない」「遊女は快楽のために、妾は日々の身の回りの世話のために、正妻は嫡子の子を生み家の中の信頼できる番人として存在する」(『ギリシア・ローマの盛衰』講談社学術文庫より)……なんて世界である。人権がないぞ。いや、市民ならあった。ただし成人男性だけ。
 さて、このパルテノン神殿。ペルシア戦争の際、アテナ女神に「戦争に勝利したらあなたさまの神殿を建てます」と約束したから建てたモノ。が、いざ、建設しようとしたら、お金がない。戦争には勝ったけど、損害も大きかったわけである。
 そこでペリクレスは、その頃、都市同士で結んでいた同盟=デロス同盟の軍事資金を着服! そんな汚れた金で神様の御殿を建てるとはなんという不道徳! なんて言っても「あたしらはあんたたちと違うのよ」と自尊心高すぎのアテナイ人にそんな言葉は通じまい。が、アテナ女神は神殿が気に入らなかったのか、次のペロポネソス戦争で、スパルタにさんざんやられちゃうわけだが。神様はすべてお見通しってわけですかな。
 まあ、パルテノン神殿はいまでは世界遺産。着服なんて小さい、小さい。たぶん、○○庁の建てたグリーンピアも2300年持てばきっと、世界遺産。その頃になったら許してやろう。
 さて、そんなペリクレスの時代。市民たちの楽しみは、饗宴である。飲めや歌えのドンチャン騒ぎ? さて、その話しはまた明日(じゃないかも知れないけど)。

ギリシア・ローマの盛衰―古典古代の市民たち
村川 堅太郎 高橋 秀 長谷川 博隆

講談社 1993-06
売り上げランキング : 268,502
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


古代ギリシアの旅―創造の源をたずねて
高野 義郎

岩波書店 2002-04
売り上げランキング : 178,831
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 かめちゃん : July 31, 2004 11:12 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?