MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 夏休み! -オリンピック一色- | メイン | 外国語のTシャツ »

2004年08月17日

夏休み! オリンピックの視聴率

  夏休みにつき……って、終わってるじゃん。culi、昨日から会社行ってるし。この間、ホームページのリニューアルをするつもりだったが、まだぜんぜん終わりそうにない。困ったの。
 さて、ニュースがオリンピック一色なので、いつもは観ないドラマやらバラエティ番組やらを観ていたのだが、ある日本のドラマに『冬のソナタ』のサンヒョク(パク・ヨンハ)が出てた。フジTVの『東京湾景』とかいう番組だ。ゲスト出演みたいなのだが……なんだこのドラマ。韓国ドラマブームにのって、似たようなのを創ったってかんじだが、でも……なんか違う。続けて観ようって気にならない。なぜ?
 梅宮辰夫氏がある番組で、韓国の役者と日本の役者を比べ、「日本の役者には清潔感がない」ってなことを言っていたが、なんか、そんな感じだ。確かに、日本の役者さんは、なぜか雰囲気が濁ってるように感じる。ルックスがどうのではなく、清涼感やら透明感が感じられない。なんでだろう?
 なんてことはさておき、視聴率だ。オリンピック、やっぱりすごいのね。谷選手と野村選手の柔道決勝にいたっては、平均視聴率は31.5%。野村選手の優勝直後の瞬間最高視聴率は43.7%だそうな。これは毎日新聞のWEBで拾った情報。だけど朝日にも視聴率の記事はしっかりとある。
 はて、記事にするほど、視聴率って大事なのだろうか? そりゃあ、メディアにとってはスポンサー様が気になるだろうから大事だろうけれど、一般的にはどうでもいい話ではないか。『冬のソナタ』が『新選組!』より視聴率が上だからって、観ているほうは、気にすることはない。
 視聴率に限らず、どうも、メディア側が重要と思うことがニュースになり、それが一般的関心事として広がっていくという構図が気になる。しかも、どのメディアも横一列。もっと多角的な情報が欲しいものだ。
 たとえ、日本選手がどんなにメダルをとっても、メディアが「これでもかっ!」ってぐらい騒いでも、日本のメダルの数など、ぜんぜん気にならないヒトもいるのだ。「みなさん寝不足でしょう!」なんてテレビのコメンテーターに言われても、熟睡しておめめパッチリのヒトもいるのだ。
 自国の選手の出場する種目の放送ばかりを流し、自国がどれだけメダルをとったかで盛り上がるオリンピックってなんだろう。というより、ほかの国のメディアも、こんなにオリンピック情報一色になっているのだろうか。ちょっと気になる。

投稿者 かめちゃん : August 17, 2004 11:39 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?