MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 読書の季節 『八つ墓村』の巻 | メイン | 今日の日記はお休み »

2004年08月22日

冬ソナ、おわった

   偶然見はじめたドラマ『冬のソナタ』。なんだかんだ言って、12話から以降、全部観ちゃった。で、昨日が最終回だったわけだが……。
 なんじゃこら。消化不良。「もう会うのは最後にしよう」と誓っておきながら会うなよ。武士に二言はないんだぞ(偶然だから許されるってことか?)。ともあれ、あのラストは、視聴者に媚びた結果のような気がしてならない。作家はこんな優柔不断な話は書かんだろう……たぶん。でもまあ、ラスト後の成り行きは、視聴者の判断にまかせる形にしたのだろう。でも、いままでの展開からすると、また一悶着あるんだろうな、と疑いたくなる(このドラマ、視聴者を懐疑的にしたと思うぞ)。
 ま、ストーリーはともあれ、映像と音楽はホントウにキレイだった。俳優さんたちも見栄えがいいし(?)、風景もいい。「冬ソナ」ロケ地をたどる韓国ツアーに参加したくなるヒトの気持ちもわかる。日本にもキレイな場所は山のようにあるのだから、もっと風景を活かしたドラマを作ってもらいたいものである……旅行系サスペンスみたいな使い方じゃなく。
 さて、高視聴率番組を1本終えた某局は、この後も、韓国系ドラマをやっていくようだ(秋には完全版の「冬ソナ」もやるそうだが)。
 この韓国ドラマブームはいったい、いつまで続くのだろうか。前にも書いたけど、これを機に、アジアやアラブ系の国のドラマもやってほしいものだ。しかも恋愛もの。お国柄の違いが一番出そうである。観て観たいのはインドかな~。ミュージカル系じゃないやつ。いまなら、電子立国インドのビジネスサクセスストーリーなんてものもありそうな気がするのだが……ないかな。
 

投稿者 かめちゃん : August 22, 2004 11:44 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?