MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 日本の工芸 | メイン | 杞憂 »

2004年08月31日

アリの大群

  パソコンに向かっていたら、なにやら手を這うものが……アリである。
「あれ? どっから入ってきたんだ?」
 ふとキーボードをみると、そこにも1匹。おかしいなぁ、と視線を床に移したら……絶句である。そこにはワラワラと行列をつくって移動するアリの大群がっ!
「ぎゃーっ!」
 ってことで奥の和室をのぞいたら、窓からぞろぞろ侵入してきているではないかっ! 網戸、ぜんぜん役にたってない。それにしても、なんでこんなに……。
 原因は和室に入ってわかった。ゴミ箱に捨てたはずの、アイスキャンディーの空き袋が落ちていたのだ。そこにくろだかり。
 確かにベランダにはアリはいた。5年間、お互いの領域を侵さずにうまく共存してきた。が、それも今夜限り。領域を侵犯したものには容赦ない。
 とはいえ、すでにもう夜。殺虫剤はない。ということで、近所迷惑とはおもいつつ、掃除機で攻撃開始である。
 吸っても吸ってもわらわらと出てくるアリ。どうやらすでに部屋中にちらばっているようである。それを追っかけ回すのはスマートではない。アリの通路で待ちかまえ、でてくるところに掃除機をあてる。
 そんな格闘を1時間はたっぷりしていただろうか。あれだけいたアリも、残すところ数十匹ってところになった。が、ふと窓をみると、入ってきてるーーっ! 窓はしっかり閉めてあるはずなのに、サッシの縁に行列が……ダメだ、これはきりがない。
 が、そこに助っ人登場。帰るコールの電話ですでに状況を知っていたculiは、閉店間際のドラッグストアで殺虫剤をゲットしてきたのである。
 さっそく殺虫剤をサッシの縁にふきかける。これで、侵入はくい止められ、あとは、残党を掃除機で片づければこっちの勝利である。戦闘は夜中の十二時で終了。わずか3時間の戦いではあったが、めちゃくちゃ疲れた。
 それにしても、すごい数だった。このアリも、冬になれば姿を消してしまう。そして、春になるとわらわらと沸いてくる。そのくりかえしだ。
 ベランダのアリをすべて退治する気はないけれど、これからも油断するとすぐに侵入されるに違いない。お互いの領域は守ろうよ……と、アリと会話できるはずもなし……ともかく、教訓。アイスキャンディーの空き袋は、窓際のゴミ箱には捨てるべからず。もしこれがアリではなくゴキブリだったらどうするんだ……と、想像した自分が馬鹿だった。ヘタなホラー映画よりもこわいじゃないかーっ!

投稿者 かめちゃん : August 31, 2004 11:54 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?