MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 台風一過のはずなのに | メイン | 笑いのツボ »

2004年09月09日

引き続き温暖化について

  昨日までの強風はようやくおさまり、今日は平和。直撃コースにあたったヒトビトは、後処理でまだまだ落ち着いてはいられないだろう。死者数も40人を超えたそうな。大きな話だ。
 で、引き続き「こんな異常気象はもうたくさん! どうすればいいんだ?」って話。とにかく温暖化をくい止めるには温室効果ガスの排出を減らすこと。日本は、世界の温室効果ガス排出量第4位の国なのだ。4位じゃメダルもらえないし……じゃなくて、「世界に責任を果たせる国になりたい」のなら、自衛隊派遣だけでなく「排出量を減らす」ことにも真剣になってくださいよ。
 ちなみに、1位は言わずと知れたアメリカ。2位はやっぱりそうかの中国。3位は寒いからなぁのロシアである。
 アメリカと中国は「削減なんて知るもんか」というわがままを押し通しているようだが、日本は一応、考えてはいるみたいだ。
1.エネルギー起源の二酸化炭素削減……風力、バイオ、原子力など新しいエネルギーに変えていこう!(原子力は問題多いな)
2.メタンなどの削減……工業過程での排出、廃棄物の焼却による排出を制御しよう!(企業さんがんばって)
3.代替フロン3ガスの削減……オゾン破壊のフロンに変わって冷蔵庫、エアコンなどの冷却に使われるガスで、これは、家庭電化製品回収などの企業努力で減ってるそうな(拍手)
4.技術開発と国民の努力!……ライフサイクル変えましょう!(これだな、自分たちの問題は)
5.森林の整備……(林業のみなさんがんばって)
6.京都メカニズム……外国と共同で余剰削減分を補いあうというシステム(お役人さんがんばって)
 これは「地球温暖化対策推進大綱」(1998年策定、2002年改定)によるものであるが、いまもって目に見えた変化はないもよう。というより、排出量、増えてる。
 4以外は「政府と企業のみなさんがんばって」である。個人でできることといえば「ライフサイクルを変えよう!」ってことだが、むずかしそう。だってねぇ、褒美も罰もないのに自己努力っていうのはねぇ……と思っていたら、排出量に応じて課税される「炭素税」やら「環境税」やらの導入が考えられているとか(褒美はないのか!)
 水を使ったら水道局が「金くれ」というのと同様、空気を使ったら「金くれ」って時代になるわけだ。すでにヨーロッパの環境先進国では「炭素税」は導入されているそうだが、上位を占める排出国が「知るもんか」という状態であれば、なんだか報われない気もする。
 とはいえ、やらないよりはやったほうがいい。だが、年金の引き上げで「キーッ」となり、消費税も引きあげられるだろうということで「なにをーっ!」となっているところに、炭素税やら環境税やらの導入を持ち出したら一揆が起きるかもしれない(わけないか)。
 この夏の現象も、「自然現象だから仕方ない」と忘れられていくのだろうか。冬になったら、また鳥インフルエンザが猛威をふるうかも知れない。安心できるのは春と秋のほんの数ヶ月だけ?
 そんなの、いやじゃ。では、ライフサイクル変えてみますか……とりあえず、パソコンは切る。……ってことでこの辺で。


『ナショナルジオグラフィック』2004年9月号ほか

投稿者 かめちゃん : September 9, 2004 12:05 PM

コメント

地球温暖化対策はみんなで考えるべき課題ですよね。
私も何かから始めないとといつも考えています。

投稿者 地球温暖化対策・・・ : May 3, 2009 03:16 AM


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?