MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« ハゲの消える日 | メイン | トランプいろいろ »

2004年09月15日

お馬のヨンサマ

  ビギナーズラックというのがある。賭事などで、初心者が手にする幸運のことだ。偶然に過ぎないのだろうが、「これはいけるぞ!」とズルズル賭事を続けて大損したことがあるヒトは少なくあるまい。
 昔、友人が急にトイレに行きたいと言いだし、目の前にあったパチンコ屋に飛び込んだことがある。パチンコはやったことはなかったのだが、その友人は「待っている間やってていいよ」と台まで選んでくれて(さっさとトイレ行けよ)あとは座って回すだけの状態においてくれた。
 パチンパチンと指で弾くのかと思っていたら、ただ、手を掛けているだけでくるくる回るのでビックリ。で、派手にじゃらじゃらピカピカ、あれよあれよという間にあふれ出し、隣のヒトが箱を持ってきてくれて……あっという間に箱が3つになっていた。トイレから戻ってきた友人はビックリして「すごい。このままパチンコやる?」と聞いてきたが、ただ座ってじゃらじゃらピカピカを見ているだけのゲームにはまったく興味が持てなかったので、すぐに出た。
 また、会社の友人と一緒に、大井競馬場に行ったことがある。テキトーに賭けて、自分の賭けた馬をひたすら大声で応援するのだ。こちらは、はっきり言っておもしろかった。緑の芝生の上でビールを飲みながら……という環境もよかったのだが、なにしろあのワクワクドキドキ感がたまらない。本当は昼間の1,2レースぐらいで別の場所にいくはずだったのに、最初に6000円儲けたのがまずかった。結局、最後のレースまで賭け続け……最終的には1万3000円すった。一緒にいた友人は「きみは、馬はやめたほうがいいね」と忠告。同感である。
 それから賭事はしていない。せいぜいドラクエのミニゲームで一喜一憂するだけだ。だが、賭ける賭けないは別として、また競馬場には行ってみたいとは思う。大井競馬場がキレイだったからそう思うのかも知れないが、緑があって、馬が走ってて、なんとも開放的な気分に浸れるのだ。
 その大井競馬で「ヨンサマ」という名前の馬がデビューした。ペ・ヨンジュンの馬か? ……のはずはなく、どうやら、馬主のお嬢さんがペヨンのファンで、そう名付けたらしいのだ。
 たかが名前をもらっただけ……なのに、なんと、この日は、とうてい競馬場にはきそうもない40過ぎのおばさまたちが押し寄せたらしい。彼女らは、黄色い声で「ヨンサマ~」とご声援。マスコミも目を付け、新馬戦としては異例の60人もの報道陣がやってきたそうな(日刊スポーツ)。
 しかし、勝手に芸能人の名前を馬につけてもいいのだろうか。あ、でも「ヨンサマ」は単なる呼び名か。しかし、馬の名前だけで新たな競馬ファンが増えるとなれば、馬主たちは、それこそこぞって有名人の名前をつければいいのではないだろうか。そうだな、次は「ジュンサマ」と「カツサマ」か?
「カツサマは器量はいいし一生懸命走るんだけど、やっぱり最後は、さらりと逃げきるジュンサマかな~」なんて……シャレにならんな。
 ちなみに、ヨンサマのデビュー戦は、最下位という花で飾ったとか。さすが、日本人の判官びいきの気質をわかっていらっしゃる。さて、この馬の人気は、どこまで続くのやら。

投稿者 かめちゃん : September 15, 2004 12:11 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?