MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« チューリップ | メイン | お役所のお役目 »

2004年09月29日

郵便局のサービス

   第一印象というのは、けっこう後をひく。
 社会人なりたての頃、その会社で出す荷物は、クロネコヤマトか佐川急便のどちらかだった。両社とも、荷物があろうがなかろうが、朝と夕方に定期的にやってきたのだ。どちらを使ってもいいとのお達しだったので、クロネコばかり使っていた。配達人のお兄さんが、とても感じがよかったからだ。
 そんなわけで、いまでも我が家では、クロネコにゃ~ぉ、を使っている。が、先日、郵便を出すついでがあり、初めて郵便局の「ゆうパック」なるものを使ってみた。すると、公務員とは思えないほど愛想のいい受付のお姉さんが、
「カードお作りになります?」と聞いてきた。
「カード?」
「はい。1年間に10回、ゆうパックをご利用になりますと、次の1回分、無料になるんです」
「作ります!」
 知らなかった。まだ民営化されていないのに、そんな民間っぽいサービスがあったなんて。よし、これから9回は、ゆうパックにしよう。その間に民営化されてカードが没にならないよな? 1年じゃならんな。
 郵政の民営化といえば、小泉内閣。新閣僚を見て「もうどうでもいいや」と思ったのだが、これで一気に郵政民営化を実現しようとしているのだろう。ま、郵便貯金してないし、勝手にすれば~てな感じではあるけれど、素朴な疑問がある。
 もし、郵便局が民営化されたなら、郵便物の扱いってどうなるんだろう。封書は第一種、ハガキは第二種、雑誌など開封物は第三種、第四種は……なんだっけ? ま、とにかく、こういうものも、自由競争になるんだろうか?
 お年玉ハガキを民間の業者も作ってよくなる? 切手なんて面倒だからと、切手代込みの封筒なんてのもできたりして? 書留やら内容証明やら、郵便局じゃなくちゃ出せなかったものも、民間業者で扱えるようになる?????
 もし、今まで通りだったら、独占だよなぁ……ずるいよなぁ……いいのかなぁ……いけないよなぁ……。ま、詳しいことは調べればわかるだろう(といって、調べない)。

投稿者 かめちゃん : September 29, 2004 12:51 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?