MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 今日もさらりと | メイン | 文化の日 »

2004年11月02日

一番得したのは

 予想通り、楽天に決まった。とりあえず2リーグ制12球団の仕組みは維持されるわけだ。これでようやく、野球騒動も一段落?
 さて、認められなかったライブドアの堀江社長だが、テレビのインタビューで「落ちることは予想外だった」とコメントしていたけれど、それが本音とは到底思えない。
 だいたい、ド素人にだって十中八九、楽天だろうと予想できたのだから、常に先手を読まなければならない企業の経営者たるものが、予測していないはずがない。本気で球団を持ちたいと思ってはいただろうけれど、それだけが目的だったわけでもあるまい。たとえオーナー会議で信頼が得られなかったとしても、企業のダメージにはならないだろう。この騒動で野球ファンの信頼を失ったのは、オーナーたちのほうだからだ。
 インタビューを聞く限り、野球ファンたちは、後から手をあげた楽天よりも、ライブドアのほうに好感を抱いていたようでもある。企業が一番欲しいものといえば、そういう好感イメージなのではないだろうか。本屋に足を運べば、堀江社長の著書が平積みになっている。晴れて新規参入を果たした楽天に待ち受けるのは「希望」だけではないだろうし、この騒動で一番得をしたのは、堀江社長だったような気がしてならない。あわやパリーグがなくなってしまうというときに、最初に「待った」をかけたという事実はヒトビトの記憶に残る。これほどおいしいことはない。
 もし、ライブドアが手をあげず、楽天が一番先に手をあげたとしたら、果たしてこのような結果(2リーグ制維持)に落ち着いたかどうかはわからない。前にも書いたけれど、本当に相手にのませたい条件は、一番最初に出さないものだ。最初に「絶対ダメ!」というものを出して、次に「絶対ではないけどダメ!」というものを提示すると、「絶対ではないけどダメ!」というものがよく見えてしまうものだ。仕掛け人がいるのかどうかはわからないけれど、2リーグ維持派にとっては、「うまくやった」と言うほかない。
 ともあれ、日本野球には新しい風が巻きおこった。この勢いがとまることなく、硬直している他の業界にも、波及すれば少しは日本も変わるだろうか? もちろん、政界にも。さて、その風は東からも吹いてくるかな~。言わずと知れたアメリカ大統領選。誰かが「アメリカの選挙だけは、全世界のヒトビトに投票させるべきだ」なんて言っていたけれど、果たして結果はどうなる?

投稿者 かめちゃん : November 2, 2004 01:35 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?