MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 読書の季節『34丁目の奇跡』の巻 | メイン | いまどきの百科事典 »

2004年11月30日

永遠のキャラクター

 小学生のとき、クラスの図書係というのをやったことがある。教室の一番後ろの棚の上に、みんなで持ち寄った本が置いてあり、その貸し出しを管理するのだ。
 マンガ本はほとんど置くことを却下されていた中、なぜか『ドラえもん』だけは許されていた。先生の独断だろうけど。図書係は、休み時間に借りたいというヒトがやってくるので、いつも席についていた。で、その間、置いてある本を読んでいたわけだが、なぜか『ドラえもん』しか読んだ記憶がない。きっと『ドラえもん』しか読んでいなかったのだ。1巻から16巻ぐらいまでだったろうか。1~2度、借りられないために、自分で借りたことにして貸し出ししなかったこともある。職権乱用とはこのことか。
 さて、その『ドラえもん』。いまではすっかり『サザエさん』同様、永遠に生き続けるキャラクターと化した。アニメはほとんど観ないヒトであっても、大山さんの独特の声を聞けば「あ、ドラえもんだ」とわかるに違いない。
 1週間ほど前、その大山さんを含むメインの声優陣が一気に交代するというニュースが流れた。そして、交代劇はそれに留まらず、監督、脚本家などのメインスタッフ陣も交代することになったという。キャラクターは永遠であっても、その世界を創り上げた人間たちに、永遠は約束されない。
 もし、50年後、100年後にもまだ続いていたとしたら、その時代のドラえもんは、いったいどんな環境で、どんなことをテーマに生きているだろう。家や学校の様子も違うだろうし、テレビも携帯電話も車も変わっているだろう。お母さんは専業主婦じゃなく、バリバリのキャリアウーマンで、名字も旧姓を名乗っているかも知れない。それに、ドラえもんがポケットから出した夢のグッズのいくつかは、実用化されていたりするかも知れない。そうなると、ドラえもんのいた未来の様子も変わってくるだろう。
 その時代の子ども達は、20世紀のオリジナルの『ドラえもん』を観て、歴史を勉強するかも知れない。だけどきっと、のび太やジャイアン、スネオなどの主要キャラクターの個性は変わらないだろう。いつの時代も同じような人間が同じような人間関係を築いていく。本当の永遠は、それかも知れない。

投稿者 かめちゃん : November 30, 2004 01:53 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?