MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« スパム対策! 目には目を? | メイン | 今日の日記はお休みです »

2004年12月03日

インスタントラーメン

 あれは中学の家庭科だったろうか。身近な食品をひとつとりあげて、研究発表するというカリキュラムがあった。
 家庭科は大嫌いだったので、それこそ百科事典だけを参考に適当に仕上げたのだが(よってよく覚えていない)、友人の発表がインパクトがありすぎて、(細かな内容は忘れてしまったが)そのイメージはいまだに頭の中に残っている。彼女がとりあげた食品とは、インスタントラーメンだった。
 ウチではよくインスタントラーメンを食べていた。あれは癖になる。フツーの生ラーメンと同じ仲間とは思えない。あれは「インスタントラーメン」という独自の食品なのだ……などと思いながら食べていた。
 しかし、彼女の発表を聞いた後、インスタントラーメンに対する気持ちが変わった。彼女の発表では、調査の結果、インスタントラーメンは「危険な食べ物」としたのである(まあ、中学生の発表なんで、自分がこうと思ったらこうなのだ)。
 彼女は細かなことを調べるのが好きだったようで、揚げ油や添加物、それに入れ物に使われている化学物質、一杯分の栄養素などを細かく調査していた。彼女の発表の精密さはずばぬけていた。クラスに与えるインパクトもずばぬけていた。
 あれからウン十年。すっかりインスタントラーメンを食べなくなっていたのだが、最近また、1ヶ月に2,3杯は食べるようになった。袋メンじゃなく、カップラーメン。だってねぇ、おいしいのだよ、これが。
 もちろん、彼女の発表を聞いてから完全に食べなくなったわけじゃない。それなりにいろんなインスタント食品は食べていたのだが、そんなにおいしいと思ったものはなかった。
 が、最近はどれを食べてもおいしいのだ。おまけに「健康食品」といわれるものまである。このウン十年、加工食品メーカーは「しょせん、インスタントよ」と言われないよう、努力してきたに違いない。
 だた、やはり、添加物が入っていることにはかわりない。もちろん、認可されたものばかりではあるけれど「大豆含む」なんて記述をみると、この大豆、もしや遺伝子組み替え大豆か? なんて疑ってみたくなる。
 あるサイトでは「安全を重視して無添加食品だけを食べようとしたら、味は味気ないものになるのは覚悟するべし」という意味のことが書いてあった。いまどきの「おいしさ」は、化学調味料によるものなのだろうか。
 まあ、自然食品も加工食品も、バランスよく食べていれば害はないだろう。要は「そればっかり」にならなければいいのだと思う。ただひとつ、最近、器が大きすぎないだろうか。あれはゴミを増やす。チキンラーメン方式(べつの器に移してお湯を注ぐ)で、その移す器を別売したらどうだろうか。とうぜん、オシャレ~なもので、誰もが集めたくなるような……なんかこの手の話、前も日記に書いたような気がしてきたのでこの辺で。

投稿者 かめちゃん : December 3, 2004 01:57 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?