MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« もうすぐ一年 | メイン | 冬ソナ、寒いです »

2004年12月22日

メル異変!

 最近、メルちゃんの様子がヘンだった。異様に身体をかくのだ。もしや……またアレ?
 おかしいなぁ、小屋は1日2回掃除してるのに、どうしてやられてしまうのか。通算3匹目。ダニである。たぶん、疥癬ってやつ。
 気がついたのは3日前。まあ、その前からよくかいてるなぁ……とは思っていた。だが、食欲あるし、元気だし、気にしてなかったのだ。
 まず、あれ? っと思ったのは、警戒心だ。「こんな隠れ家、狭くて入れないわ!」と、ケージに入れてある小屋は邪魔もの扱いしていたはずなのに、その狭い小屋に入って出てこない。ヒトが近寄ると「エサは?」と寄ってきて催促するのに、それをしない。掃除の時も小屋からでてこない。
 で、極めつけはブラッシング。ときたまブラッシングしてやるのだが、そのとき毛がごっそり抜けたのである。
「ギャー」
 けっこう、びっくり。自分の頭に白髪の束を見つけたとき以上の驚きだ。
 前にやられた2匹も同じ症状だったので、こりゃダニだろうな、とピンときた。そして同時に「あ~、また長期治療の始まりか」という思いと、ぞわっとした恐怖感が走った。
 このダニくん、怖いのはその感染力である。「やばい、リル、ラル、フルの3匹もやられてるかも」
 いちおう、みんな別のケージではあるけれど、特にフルちゃんは一時期、同居させていたのだ。こりゃまずい。
 が、幸い、彼らはいつもの通り、「エサよこせ」「食った」「寝る」の3パターンを元気よく繰り返しており、かゆがる様子も警戒する様子もない。
 それだけでもかなり気が楽になったが、ま、メルも幸い、引きつけを起こすほど、ひどくはなっていないので、今のウチに治療である。前の2匹はあまりのかゆさで引きつけ起こしてたもんで。
 久々の病院。先生に「大きくなった!」と言われ体重計へ。「1キロ超えてる……」嗚呼、でかすぎるよ、おまえ。
 で、皮膚をちょこっと削り、顕微鏡で調べてもらったのだが、表面にはいない模様。そこでほぼ疥癬決定!ってなものである。このダニくん、皮膚の奥深くにもぐっているので、なかなか発見されなかったりするそうな。ということは、見つからない=疥癬の可能性強し!なのだ。
 とりあえず、チュウシャを1本。疥癬だった場合はこのチュウシャを繰り返すことになる。体力だけはあるから、なんとか乗り切ってもらいたいものだ。がんばれメルちゃん! でも、なんでダニ~?

投稿者 かめちゃん : December 22, 2004 02:13 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?