MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« お正月 | メイン | 古代史ドラマ「大化改新」 »

2005年01月02日

シルクロード

 なぜか新年早々、仕事してたりする。ま、年末にやっておけばよかったのを、まるで夏休みの宿題のように後回しにしていたからいけないのだが。
 ってことで、テレビをつけっぱなしでパソコンに向かういつもの日々……だったのだが、懐かしい番組をやっていて、思わず観てしまった。『シルクロード』。
 いや、正確にいえば、新シルクロードと旧シルクロードを続けてやっていたのだ。旧シルクロードはいまから25年も前の番組で、あれから中国も変わったし、撮影技術も変わったってことがよくわかった。
 今日は新シルクロードも旧シルクロードも「桜蘭」。新のほうでは、小河墓地という集団墓地の発掘を中心にやっていた。その墓地には4000年前のヒトビトが眠っているという。舟型の棺から現れたミイラは、なんとヨーロッパ系と思われるご婦人方。60代の高貴な女性と20代の若い女性のミイラを発掘したのだが、発掘隊も撮影隊も、高貴な60代の女性はほどほどに、20代の若くて美しいミイラばかり追っているように思えた。ミイラであっても若い美人がいいのか! と小言をいいたくなるが、そりゃ、いいんだろうな。
 旧シルクロードでも、同じ舟型の棺からミイラが現れ話題になった。そのときの放映では、桜蘭王国のもの(約3000年前)とされていたが、研究が進んだ25年後の今、旧シルクロードで紹介されたミイラも同じ4000年前の謎のヒトビトのものだそうな。
 4000年前。いまでは一面砂漠のこの地域は、河が流れ、農耕に適した風土だったようだ。なんで砂漠になっちゃったんだろう。これから4000年後、世界の風土はどうなっているだろうか。砂に埋もれて消えた文明の話を観ると、遠い未来から観た現代を想像してみたくなるものだ。
 4000年たっても分解されそうにないゴミがいっぱいあるから、未来の考古学者は研究しがいがあるだろうなぁ。あ、でも、有害物質には気をつけてね。
 ……なんて意味ないこと考えてないで仕事しよ。

投稿者 かめちゃん : January 2, 2005 02:24 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?