MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« お休み | メイン | 七草粥 »

2005年01月06日

振り込め詐欺対策

 ヨン様に続き、松井秀喜選手がスマトラ沖地震の被災者へ高額の義援金を送ったというニュースが流れた。金額の問題ではないけれど、やっぱりエライ!
 そんなニュースに引き続き、日本列島を偽札が出回り、いまだにオレオレ詐欺あらため振り込め詐欺が後を絶たないというニュースが。人様のためにとお金を出すヒトもいれば、自分のためにとお金をだまし取るヒトもいる。どちらになりたいかといえば言うまでもない。それにしても、1万円の偽札でお釣りをせしめるなんてセコすぎる。そういうことをやる自分をみじめに思わないのだろうか。自分をもっと大切にしてもらいたいものだ。
 数日前の『JMM』(メルマガ)で、「オレオレ詐欺は海外でも成立するか?」というレポートがあった。アメリカ、デンマーク、イギリス、中国、韓国での現地レポート。結果からいえば、中国と韓国では数は多くないけれど、似たような詐欺があるとのこと。それ以外の国は「ない」「考えられない」ということだ。
 つまり東洋的犯罪? なのだろうか。家族に対する愛情の掛け方の違い? それとも、社会的性質の違い?
 幸い、まだ振り込め詐欺のターゲットにされたことはないが、もし、家族が関与した事故や事件の電話を受けたらどんな対応をするだろう。気が動転するのは確かだろうけれど、「金を振り込め」と言われた時点で冷静になるに違いない。だって、我が家の大蔵大臣はculiだから、お金の在処がわからない。自分が使える金は微々たるもの……。だから、「払えません」ってことになるからだ。それでも「金は借りてでも払え」なんて言われたら、「こりゃ詐欺だな」ってわかるだろう。
 しかし、それ以前に「金で解決できるなら金で解決しよう」という気持ちになれるだろうか。交通事故を装った詐欺では、立件せずに示談にするから示談金を……ということで騙す。医療関係者の家族には、医療事故を起こしたがやはり示談金で……ということで騙す。初期のオレオレでは、孫が親に相談できないからと借金の返済金や妊娠中絶費用を祖父や祖母に頼むという形。
 多くは「できれば公にしたくない」という気持ちを利用している気がする。内々に処理できればそれに超したことはない。おおごとになったら人様にも迷惑がかかる……。不祥事続きのこの国の企業組織にも同じ体質を感じるわけで、いわば、この国のヒトビトは、そういう体質を持っているのだろう。つまり自分にもあるってわけだ。だからこそ、気を付けなきゃいけない。
 万一、事件、事故に巻き込まれたら、裁判結構! きちんと検証して真実を明らかにしよう! こそこそして解決できるものなどない! どんなことでも抱え込まずに情報公開! ……と腹をくくっておくとするか。ま、そんな詐欺に遭わないことが一番だけど。

投稿者 かめちゃん : January 6, 2005 02:27 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?