MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 振り込め詐欺対策 | メイン | 移民 »

2005年01月07日

七草粥

 スーパーに買い物に行ったら、「七草粥セット」が売っていた。七草……なずな、なずな、なず……覚えてない。
 春の七草は、地域や時代によっても違うそうだ。古くは鎌倉時代の『河海抄』に記述があるそうな。セリ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ……の七種。七草粥を食べる風習は平安時代からあるそうだけど、その理由は、こう聞いていた。
「正月食べ過ぎで胃腸がボロボロになっているだろうから、薬草のお粥で身体を休めてあげる」
 考えてみれば、昔からそんな理由であったはずがあるまい。
 百科事典『エンカルタ』によれば、七草粥の行事は、深夜から早朝にかけて歳徳神のほうにむかって(ってどっちだ?)七草打ちをすることからはじめるそうだ。これは、七草ばやしをうたいながら、まな板上の七草を、七つ道具(包丁、火箸、すりこぎなど)でトンタントンタン叩くこと。七草ばやしは烏を追い払う(=五穀豊穣の)意味があり、音をたてることは魔除けの意味があるんだそうな。そして「粥を食べる」ということで無病息災をいのる。そういう行事だったようである。やっぱり、食べ過ぎた後の消化剤という意味じゃなかった。
 さて、では買ってきて食べたのだろう……と思いきや、買ってないし食べてない。というのも、去年食べて、なかなかよろしくない味だったので……げほっ。たぶん、料理方法を工夫すればそれなりに食べられる味になったのだろうけれど、まあ、今年は食べ過ぎても飲み過ぎてもないからいいや、ということで。だいたい、七草って普段食べないし、売ってもいない。おいしければ、それなりに流通しているだろうに、やっぱり、癖があるってことだろう。
 ちなみに七草粥の七草は春の七草。では、秋の七草って言える? ……ひとつも言えない。ハギ、オバナ、クズ、ナデシコ、オミナエシ、フジバカマ、アサガオ……の七種だそうな。こちらは粥にして食べるわけじゃない。アサガオ……食べたくないわな。
 

投稿者 かめちゃん : January 7, 2005 02:28 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?