MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« お休み | メイン | セミリタイアって »

2005年01月17日

阪神大震災より10年

 あのときは、会社にいた。
 いつものごとく徹夜(2日目ぐらいか?)しての朝。テレビを自分の席に持ち込んでいた同僚が、「なんかすごいことになってる」と騒ぎだし、それから2時間ほど、みんなでテレビの前にクギ付けになっていた。
 阪神大震災。あれからもう10年。あの徹夜の日々から解放されて10年……(あ、そっちはまだしばらく続いたか)。
 このところ、大きすぎる災害が続いているけれど、日本人にとっては、この20世紀最後の大地震は忘れることができないだろう。
 日本各地、日帰りできるほどせまくなったのに、震災に見舞われた地域は、いとも簡単に孤立してしまう。せっかく助け出されたのに、病院に行けなくて死んでしまうなんて理不尽なことが、起きてしまう。「助かる命を助けられなかった」今日の関連報道をみていると、この心の傷が一番深いように思えた。
 地震の恐怖を初めて感じたのは小学校でみた関東大震災の映画だった。それ以来、「エライ場所に住んじまった」という思いはずっと持っているけれど、だからといって、どこか地震のない国に移住する気力などは起きない。せめて地震につよいマンションを選ぶことぐらいしか予防できない。だけど、家の中が安全かといえば、ぜったいない。ぜったい本とパソコンに埋もれる。少なくともculiは。
 ネズミは異変が近づくとどこかに消えてしまう、と聞いている。動物は防衛本能が強いのかも知れない。じゃあ、モルも! ……ムリか。震度4の地震がきても寝てるような奴らだからな。
 NHKの被災者アンケートでは、10年たち、街は70%以上復興したという意識があるけれど、生活や精神や産業の復興は、まだ60%台である。いまだ夜が怖くて眠れないというヒトビトもいる。あたりまえの普通の日々が、突然、失われてしまう。そんなショックに絶える自信が果たしてあるだろうか?
 防災対策を考えるのは重要だけど、そんな精神的な覚悟も必要かも知れない。今日も一日無事に過ごせたということは、あったりまえのことではなく、ラッキーだったのだと。別に神様に感謝するつもりはないけれど、運には感謝したい。
 犠牲者の方々のご冥福を祈って。

投稿者 かめちゃん : January 17, 2005 02:37 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?