MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 野生動物との共存 | メイン | 愛知万博まで後2ヶ月 »

2005年01月23日

Nスペ『どうする憲法9条』

  『義経』のあと、そのままNHKを観ていたら、憲法9条どうする? てな討論番組に入ってしまった。昨日と今日の二夜連続の特番らしい。昨日は観なかったけど、今日はなんとなく観てしまった。
 どうせそれぞれの立場で言いたいことを言うだけで、歩み寄る気など毛頭ない連中ばかりだろうと思っていたが、やっぱりそうだった。しょせん、テレビの討論なんて、自己主張の場。いままで誰かの意見で意見が変わったとか、第三の選択を見つけたとか、ドラマチックな展開になったためしがない。と文句をいいつつ、観ていた。
 9条……国際紛争を解決する手段としては武力を使わない。だから、軍隊はもたないって内容だよねぇ。でも実際、自衛隊ってものがあって、国際紛争の場に行っちゃってたりする。中身をどう変えるかはともかく、いかようにも解釈できる文面を修正する意味では改正してもいいような気はする。だけど、いざ、変えるぞ! となると中身がねぇ。時の勢いでとんでもない方向に修正されちゃう可能性もあるしなぁ……と弱腰になったりもする。
 確か『戦争プロパガンダ10の法則』という本だったと思うが、戦争を正当化するために「われわれは戦争を望んでいなかったのに、相手が望んできた」という宣伝文句を使うと書いてあった。もし、憲法を改正し、自衛戦争を許すとなれば、この宣伝文句のもとに戦争をしかけることができちゃうかも知れない。もし、戦争を未来永劫、本気で望まないのであれば、いかなる戦争もダメとしておく必要があるだろう。でも、それはそれで不安である。攻撃されても反撃できないのだから。
 それにしても、ヒトはいったいいつになったら武力以外で紛争を解決する方法を見つけられるんだろうか。平和憲法で「紛争の解決に武力は使わない」と縛るのであれば、その他の解決手段を真剣に探す努力をせねばなるまい。憲法に「紛争解決に○○は放棄する」ではなく「紛争解決には○○を手段とする」とはっきり書けるような、そんな方法はないんだろうか。養老氏が「ゲームで解決すりゃあいい」なんてことを何かの本か番組で言っていた。さんせ~い。でも、どの国も乗らないだろうな。
 土星に探査機を送るほど進んだ世界に生きながら、そんな重要なことが誰にもわからない。そろそろ、世界を変える新しい思想が生まれてもよさそうなんだけど、ムリかな。それより、状況(地球環境)が変えるかも?

投稿者 かめちゃん : January 23, 2005 02:42 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?