MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« お休み | メイン | 終わった! »

2005年02月01日

ソフトの特許

 ニュースのヘッドラインにはときどきびっくりさせられる。
 asahi.comの見出しを追っていたら、
「一太郎」「花子」の製造禁止、破棄命令
 なんて文字が飛び込んできた。
「えーっ! 製造禁止! ジャストシステムはいったいなにをやらかしたんだ!」
 とあわてて記事を読んでみた。どうやらヘルプ機能が松下電器の特許となっている技術を使っており、そのライセンス料の支払いを拒否していたらしい。裁判では特許侵害と認められ、製造禁止という厳しい判決を下したらしいのだ。とうぜん、ジャストシステムは納得できず控訴する予定とか。とりあえず、現在使用している製品を回収するってこともなければ、今月発売予定の新バージョンも予定通り、販売するそうな。
 ま、考えてみれば、「一太郎」を使っていたのは遙か昔。仕事で送られてくるファイルがみんな「word」なので、業務ソフトはいつしかマイクロソフト製品ばかりになっていたし、個人的にはなんら心配する必要はない。だけど、昔からよく知っている会社なわけで、がんばってもらいたいと思っているわけで……(なら製品使えって)。
 ソフトの特許。これってユーザーにとっては不便なものだ。MacとWindowsを両方使っていると、「このWindowsの機能がMacにもあれば便利なのに」というのがよくあるし(その逆もある)、個別のアプリケーションにしても、あっちにあってこっちにないものを統合すればいいソフトになるのに、という思いをよくする。ライセンス料を払えば、それぞれ組み込めるのだろうけれど、製作費がかさんで値段が高くなったらしょうがない。
 このライセンス料、いったいいくらなんだろう。問題の特許は、ヘルプ機能のアイコンをクリックしてから、別の機能のアイコンの上にマウスを置くと、その機能の説明(ヘルプ)が出るというしくみ。これって、MacOSにあるバルーンヘルプと同じようなものだろう(Windowsにもあるな)。バルーンヘルプはうるさいんで、いつもオフにしているが、まあ、ソフトの使い始めの頃はなにかとヘルプに頼るので、あれば便利かもしれない。
 利益を追求する企業としては、特許を主張し正当なライセンス料を請求するのは当然の行為だろう。だけど、これをあまりに強く振りかざす社会になってしまうと、より便利で優良な製品の開発は、なかなか進まなくなってしまう。せっかく使いやすいソフトが、一部の機能が特許侵害として製造禁止なんてことになってしまうのは残念な話だ(闘いは続くようだが)。
 特許や著作権をどのように守り、どのように解放するか、法廷で争うばかりでなく、きちんと議論していってもらいたいものである。

投稿者 かめちゃん : February 1, 2005 02:52 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?