MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 読書の季節『むかし僕が死んだ家』の巻 | メイン | 書店から消えてしまう本 »

2005年02月08日

またしてもライブドア

 堀江社長がまたメディアを「ぎゃっ!」と驚かせた。すごいねぇ、このヒトは。
 ライブドアが、ニッポン放送株の35%を握ったというニュースが流れた。とりあえず、彼がやりたいといっていること(ネットでラジオ番組配信!)はやってほしい。パソコンでテレビは(チューナーがあれば)見ることができるけれど、ラジオは聴けない。小型ラジオがあるからいいやとパソコンの側に置いてみたら、ノイズが入って聴けない。どうも電波がうまく届かなくなるようだ。
 ライブドアの狙いがなにかはよくわからないけれど、テレビもラジオも見たいときに(聴きたいときに)視聴できるようなシステムができればいいのに、と昔から思っていた。配信側がプログラムのスケジュールを決めるのではなく、ユーザーの都合に合わせて決められる。これならビデオとりそこねたっ! という心配はなくなる。まあ、実現するにはさまざまな問題(著作権やら放送権やら)をクリアしないとムリだろうけれど、とにかく新しい風をどんどん吹かせてもらいたいものだ。
 さて、その一連のニュースのなかに、すでにライブドアがネット配信型のラジオサービス「ねとらじ」というのをやっているとあった。さっそく行ってみた。どうやらここも、買収したものらしい。もともと個人のネットラジオ放送局だったようだけど、それはそうと、ネットラジオ……そんなのがあるとは知らなかった。
 ネットラジオの放送者はいろんなヒト。ツールさえそろえれば、誰でも放送できちゃうのだ。その放送用サーバーを提供しているのが「ねとらじ」……でいいのかな。誰も彼もがホームページを持てるのと同様、誰も彼もがラジオ局を持てる。すごい時代になったものだ。
 でもねぇ、何件か聴いてみたけど、音楽系以外は聴く気になれない。おしゃべりがヘタ、声が聞き難い。他人の愚痴を誰が聴きたいと思ってるんだーーっ! でもまあ、仲間内で楽しむにはおもしろいかも知れない。
 いまどきの若いヒトたちは、テレビも見ないしゲームもしない。仲間と携帯でおしゃべりしているのがイイ……ってな話をきく。そういう内輪なヒトビトは、内輪でネットラジオでもやったらどうだろう。
 ともあれ、堀江氏の動きはおもしろい。このぐらい強引で型破りなヒトは見ていて気持ちがいい。ま、彼の下で働きたいとはぜったい思わないけど。

投稿者 かめちゃん : February 8, 2005 02:56 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?