MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« おやすみ | メイン | ちびくろさんぼの復刊 »

2005年03月15日

ライブドアのニュース

2005-03-14.gif 毎週月曜日は、ビデオニュース・ドット・コムの『丸激トーク・オン・デマンド』を観ている。ここは独自取材のビデオニュース配信サイトで、丸激は神保哲生氏と宮台真司氏がゲストを呼んで(呼ばないときもある)、気になるニュースや社会現象についてあーだこーだくっちゃべる番組だ。毎週金曜日に収録し、だいたい日曜日か月曜日にネットにアップされる。ネット配信なのでいつでも見られるわけだが、いつの間にか、月曜日の午後に観るように習慣づいた。ちなみに視聴費月500円也。
 で、おどろいた。宮台氏が結婚したっ! ……ま、それはいいんですが、そんなわけで、ただいま新婚旅行中。ピンチヒッターとして江川紹子氏が登場していた。メインテーマは「ニート」で、ゲストは玄田有史氏。まあ、その話もおもしろかったのだが、後半は、ライブドアとフジテレビの抗争の話にスライド。江川氏の堀江社長インタビューの話から、ライブドアのメディア思考がわかって、これまたおどろいたのだ。
 テレビでもうんざりするほどこのネタばかりとりあげるので、少々「いいかげんにせい」と思っていた。どこもかしこも同じ話ばかりを追う。ライブドアが参入すれば、もっと多様なニュースを取り上げてくれるんだろうか……なんて思っていたら大勘違い。詳しくは、江川氏のサイト上の記事を参照されたし。
 そのインタビュー記事を読む限り、堀江氏のニュースの扱いはこうである。1.市民記者の取材記事や通信社などが配信するニュースを買ってネットに掲載。2.ネットのアクセスランキングで新聞やテレビで報道するニュースを決める(つまり、新聞やテレビでは、人気のある=関心のあるニュースだけを流す)。以上、それだけ。江川氏の「それでは埋もれている話を発掘できないのでは?」という問いには、こう答えている(以下、抜粋)

 埋もれていることを発掘しようなんて、これっぽっちも思ってないんですってば。そういうのは情報の受け手、興味を示す人が少ないわけですから。ニッチな情報なわけですから、いいじゃないですか。一応ネットには載せておきますから、(興味のある人が)勝手にアクセスして下さい、と。

 江川氏は、続けて「イラクのことは新聞には大きく載らなくなってきたが?」と聞けば、

 いいんですよ、(そういうことは)みんな興味ないんですから。興味ないことをわざわざ大きく扱おうとすること自体が(記者の)思い上がりだと思うんです。

 だそうな。ごめん、そういう考えなら退場して欲しい。こんなこと言われて、世のジャーナリストは怒らないのだろうか? 埋もれていること、世の中に知られていない真実を掘り起こし、広く知らしめるのがジャーナリストのお役目だと思っていた。いや、そういうことを期待しているのに、まるで人々の興味のない情報は報道する価値がないというような考えでいたとは、正直がっかりである。ネットと既存メディアの融合は大いに結構、いろいろ考えられると思う。だけど、歌の売り上げランキングみたいに、世の中のニュースをランク付けして報道の扱いを変えるなんて……って、まあ、いまのメディアも変わらないか。どこもかしこも同じニュース。人々の関心が高そうなものばかりをこれでもかっってぐらいに取り上げる。そして、関心がなくなったらもう、どこも後追い取材をしない。
 そう考えると、ライブドアが勝とうがフジテレビが勝とうがどうでもいい。ただ、これで「メディアはこのままでいいのか?」という議論が記者のみなさんの中で湧き上がってくれれば、それはそれで意味があることなんだろう……と思いたい。

投稿者 かめちゃん : March 15, 2005 12:29 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?