MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 昨日のつづき | メイン | 仕事につき »

2005年04月04日

クレイタウン

2005-04-04.gif 昨日は東京ビックサイトで開かれた『東京国際アニメフェア』に行ってきた。毎年、招待券をもらうので、なんとなくつきあいで出かけていたのだが、今回はちょっとちがう。アニメ制作にはまり始めたために、なにかしら勉強になることがあればいいなぁ……と、思っていたのだ。
 まずは、掘り出し物(?)として、パフィのミニライブが観られた。アメリカで大ヒットしているパフィのアニメが日本でも放映されるということで(8月から)、その宣伝だ。1話分だけ、上映してくれたのだが……これって、日本ではウケそうにないなぁ……と。パフィが主役といえども、絵もストーリーも手法も、みんなアメリカ。はっきりいってくだらない……と思ったのだが、考えてみれば、子どもの頃は、おなじようなアメリカアニメも楽しんで観ていたっけ。きっと、子どもにはウケるんだろうな。
 で、ありました。クレイアニメのブース。狭いステージに机を置いて、実践してました。
 撮影用のカメラは真上の梁にくくりつけ、その下(机の上)にはステージとなるアクリル板の台が置いてある。つまり、画像は上から撮るのだ。10センチほどの高さのあるアクリル台には、その下に背景となる色紙(切り抜き用の単色の紙)を、上にはクレイキャラを乗せる。そして、『クレイタウン』というコマ撮り専用のソフトを使い、1カット分ずつ微妙に動かし撮影していく。たいてい1秒間に24コマ(会場の実践では30コマだったかな)。撮影は、1日に数秒しか進まないというほど、根気がいる作業のようである。
 が、この『クレイタウン』、非常に魅力的なソフトだった。撮影はPCカメラで撮るのだが、前のカットと切り替えながら作業できるし、撮った先から再生して動作確認ができる。合成もOKだし、サウンドも入れられる……ということで、デジタルカメラとパソコンとこの『クレイタウン』があれば、誰でも簡単にアニメーションが作れるのである。ステージ前には子どもづれのお父さんやおばあちゃんが、真剣に観ていた。ストーリーがなくても、身近なおもちゃが動き出す……という映像を作れたら、やっぱり楽しいもんね。
 ということで、『プレミア』と『フォトショップ』だけでアニメを作っていくのは大変! と思っていたところ、便利なコマ撮りソフト発見! ……で、帰りにヨドバシカメラにより、買ってしまいました! 値段は7000円程度(別途、WEBカメラかPCカメラ機能のあるデジタルカメラが必要となるが)。
 で、とりあえず、どのぐらいのことができるのか、またしてもテストしてみました。ただ、ぬいぐるみを動かしていくだけ。昨日つくったムービーは、2日かかったわけだが、今回はたったの5分! でも、背景の合成はしてないし、色補正などの処理もしていないので、ちゃんと観られるものをつくるとなると、それなりに時間はかかると思うけど。
 さて……ツールは揃えた。あとは面白いアニメをつくるのみ! あ、でもその前に、掃除終えなくちゃ。

クレイタウンのテスト(ただ動かしただけ)[WindowsMedia 300K]

CLAYTOWN

セルシス 2003-11-28
売り上げランキング : 1,472
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 かめちゃん : April 4, 2005 01:42 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?