MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 仕事につき | メイン | 気力ゼロ »

2005年04月06日

新しい教科書

2005-04-06.gif 今朝の『とくダネ』で中学校の教科書検定結果に韓国と中国が大反発しているというニュースが流れた。
 中学の教科書かぁ……少なくとも、歴史の授業は現代史までいかずに終わった記憶があるぞ。いまは最後のページまで、ちゃんと教えているんだろうか。
 とまあ、それはそうと、教科書だっていろんな角度から作られているわけで、国によって歴史なんてぜんぜん違うとらえかたをしているわけで……とわかればいいわけで……。
 小学校5,6年のときの担任が、「教科書だって間違ってたりするんだぞ」と教えてくれた。教科書は試験のための学問であって、世界の真実を語ってくれるわけじゃない……とまあ、ひねくれた(?)先生のおかげで、教科書=絶対、正しいわけじゃない、だから学校の勉強なんて……と勉強しなかった(っていいわけ)。
 でもまあ、教科書がどういう方向性でをもって記述されようが、「教科書問題」としてマスコミがくりかえしとりあげているようであれば、ニュースを観ている子どもたちは「なにかへんだなぁ」と考えるだろう(たぶん)。
 明石書店が『世界の教科書シリーズ』という世界の中学校や高校で教えている教科書をピックアップして、その全訳を出している(アジア中心)。ウチには『中国の歴史』編が1冊ある。絵がいっぱいあって読みやすく、本文のあとに練習問題がついている。教科書はある種、その国の色が見えておもしろい。最後の課題のタイトルは「ただ中国共産党の指導があってこそ社会主義中国は存在しうる」で、課題は「考えてみよう。わが国はなぜ中国共産党による指導と社会主義の路線を堅持しなければならないのか」である。教科書は、考えた結果「しなくてもいいのでは?」とはならないような記述があふれている。
 全訳ではないが、歴史学者マルク・フェローの『新しい世界史』という本は、世界各国の世界史の記述をピックアップし、検証している。
 その副題「世界で子どもたちに歴史はどう語られているか」――。歴史を教えるなら、この視点も必要だろう。

入門 中国の歴史―中国中学校歴史教科書
小島 晋治 大里 浩秋 小松原 伴子 並木 頼寿

明石書店 2001-11
売り上げランキング : 90,911
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
新しい世界史―世界で子供たちに歴史はどう語られているか
マルク フェロー Marc Ferro 大野 一道

藤原書店 2001-05
売り上げランキング : 472,783

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

投稿者 かめちゃん : April 6, 2005 09:21 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?