MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« アニメの試作 | メイン | アニメ制作にどっぷり »

2005年04月18日

ゴミの分別

2005-04-18.gif ゴミ捨て場に、見覚えのある雑誌の束が置いたままになっていた。
「あれっ? 先日出したやつ? もしかして、持っていってもらえなかった?」
 ここ横浜市では、ほとんどのゴミが「燃えるゴミ」扱いだった。まだ23区にいた頃、横浜に住む友人に「横浜って環境のこと考えてないんじゃないのぉ~」などと文句を言っていたのに、いざ、住んでみると、なんでもかんでも燃えるゴミで出す習慣にすっかり慣れてしまった。雑誌も燃えるゴミ。なので、いつものように捨てたのだが……。
 実はこの4月から、ゴミの出し方が変わっていた。要は分別ゴミが増えたのである。なんでもかんでも燃やせる焼却炉があるからといっても、燃やせばそれだけ二酸化炭素を出すわけで、やっぱりあまりよろしくないシステムだった……ということだろう。で、そのアナウンスは半年前からあったのだが、あまり気に留めずにいたのだ。
「どれ、雑誌を出す日はいつだ?」と、もらったゴミだし規則のパンフレットを取り出す。町内会で集める自主回収のほか、毎月1回、市の回収がある。
 それにしても……分別するゴミ、多いです。パッケージにリサイクルマークがあるものは、すべてそちらにまわさねば。しかもそのマーク、ほとんどの商品パッケージについているではないか。
 お菓子のビニール袋やヨーグルトの容器。洗って箱を潰す……という単純な作業なのだが、けっこう時間をとられてしまう。おまけに、せまいキッチンが分別用のゴミ袋で溢れ、ますます狭い空間と化してしまった。
 リサイクルするゴミも、そのまま捨てるゴミも、そのほとんどは商品パッケージである。ということは、昔のように、容器持参で商品だけを持って帰れるようにすれば、ゴミは確実に減るということだ。が、なかなかそうはいかないだろうな。
 せめて買い物かごを持参するようにするか。そういえば、昔、母は籐の買い物かごを持っていたなぁ。そこに直に野菜を入れていたような……。有名ブランドが、買い物かごを作ったら流行るだろうか? いや、「汚したくない」ということで無理だろうな。ということで、いまのお買い物袋は100円ショップの紙袋!大きいのでいっぱい入ります(紐は切れるかも?)。

投稿者 かめちゃん : April 18, 2005 12:41 AM

コメント

こちらはゴミ袋は透明(半透明)でさえあれば、どこのだっていいから100円ショップで買ってきたりしてる。分別は慣れれば気にならないんだろうけど、始めたばかりだから戸惑うこと多し!商品のパッケージはほとんどリサイクルマークがついているから、きれいに洗って分けなきゃいけないからね。雑草も焚き火禁止なんだっけ(そもそも焚き火がダメなのか)。庭に放っておくだけで朽ちてくれるなら、それがいちばんいいのかもね。

投稿者 かめちゃん : April 18, 2005 08:36 PM

こっちは、いまだに燃えるごみと金属とビンと資源ごみ(新聞や雑誌など)だね。 新聞や雑誌も燃えるごみの日にだしてもいいよ。ただし、指定のゴミ袋にいれてたらね。分別は楽です。でもさぁ、庭の雑草とかでかい袋一杯になっちゃうから、袋代がかかる。うちの場合、隣の竹やぶから雑草が侵入してくるから、隣の竹やぶも刈らないと駄目だし。自分の土地以外のごみは金かけたくないよね。去年は刈った雑草を山済みに一箇所にまとめておいた。そうしたら、冬になったら、肥料になるのかな、山がなくなってたんだ。 

投稿者 きいこ : April 18, 2005 08:16 PM


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?