MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« ゴミの分別 | メイン | 本の紹介?『メディアビオトープ』の巻 »

2005年04月20日

アニメ制作にどっぷり

2005-04-19.gif こんなことしてる場合じゃないような気もするんだけど……と思いつつも、いま、ぬいぐるみをつかったアニメ制作にどっぷり首までつかってます。そもそも、駅の巨大ディスプレイでぬいぐるみが動くCMを見たのがきっかけなのだが、それに子どもたちにピアノを教えている友人が乗ってくれて、昨日遊びにいったときには、「おきつねさま~」のテスト版に音楽と子どものアフレコがはいってました(これは非公開)。で、ちゃんと公開できるストーリーのある作品を作ろう!ということで盛り上がり、目下、企画制作中! ……ってことで、どっぷり。
 彼女の家庭はもともと子どもとのコミュニケーションはいいみたいだが、一緒にアニメを作ろうということになり、ますます会話が増えてよかったそうな。小学生の娘さんと息子さんにはアテレコで参加してもらうことになり、中学生の息子さんには、(アニメと美術が好きだということなので)絵コンテを任せてみた。どういうものがあがってくるだろう。プロの作品のようにはいかないけれど、自分たち(しかも家族)で作品を作り上げるというのは、なかなか楽しい作業なのではないだろうか。
 アニメや映画、それに演劇などなど、すっかり観る側で甘んじていたけれど、こういうものって、本来、自分たちでつくったり、演じたりすることで楽しむことでもあったはず。……ということを、ちょうど先週読んでいた水越伸氏の『メディアビオトープ』という本にも書いてあった(この本!オススメ。明日の日記はこれかな)。
 ライブドアの騒ぎは一段落したようだけれど、彼が投げかけた「ニュースは市民記者が提供するものでもいいのではないか?」という問いも同じようなことだろう。つまり、自分たちで(メディアを)作ることで、受け手でいるだけでは見えてこなかったことが、見えてくるのではないかということだ。
 まあ、そんなことはともあれ、親が子どもとなにか作品を作るというのはいいことだよなぁ……と、ひとりお邪魔虫をしながらそう思った。
 

投稿者 かめちゃん : April 20, 2005 12:05 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?