MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 無料レジ袋廃止案? | メイン | 動物のスター »

2005年05月19日

植木鉢とタカラダニ

2005-05-19.gif 昨年の夏に台風で割れてしまった植木鉢。捨てるのはもったいないと(高かったのだ)ずっとベランダの隅に放置しておいた。接合すれば復活するんじゃないか? と思ったのだ。だが、この作業、なかなかやる気になれず、とうとう春もすぎ、世の中は初夏。そろそろやるか……ということで、接着剤とパテを買ってきた。接着剤は雨にも負けず、風にも負けず……の野外用。パテは、カケラが紛失してしまった隙間を埋めるためのものだ。
 いざ、作業しようと思って破片を集めてみたら、底に赤い小さい虫がうようよ。いや、うようよというのは大げさで、いたのはたった2匹。だが、その強烈な色が「うようよ感(?)」を増しているのだ。
「なんだこの虫?」
 と疑問が生じると調べずにいられない。ってことで作業を中断して、ネットで調べてみた。何度も同じことを書くけれど、実に便利な世の中である。「赤い虫 小さい」などのキーワードを入れて検索してみたら、あっという間に答えがでた。
 赤い小さい虫は「タカラダニ」である。ダニ……。まさか血をすって赤くなってるとか? と思いきや、その毒々しい色とは反して無害のようだ。普段は花粉を食べているらしい。名前の由来は、「セミに赤いダニがくっついていると宝物を抱えているように見える」からだそうな(ここが詳しい「京都府の保環研ホームページhttp://www.pref.kyoto.jp/hokanken/topics/treasure/treasure.htm」)。
 が、しかし、その色のせいで、ヒトビトからは害虫とされ駆除の対象となっているとか。か、かわいそうに。ま、たしかにあまり気持ちのいい虫(っていうかダニ)ではないけれど、駆除するまでもあるまい。
 ってことで、そのまま壊れた鉢から出て行くのを待っていたのだが、このダニ、ちっとも出て行かない。
「じゃ、明日にするか」
 ってことで、またしても、鉢の修理は先延ばし。

投稿者 かめちゃん : May 19, 2005 04:25 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?