MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 植木鉢とタカラダニ | メイン | ミニバスの走る街 »

2005年05月20日

動物のスター

2005-05-20.gif たまちゃんが消えた後、記憶にあるだけでも3匹のアザラシがメディアに登場して人気を馳せた。つい最近だと、東京湾に現れたクジラ。名前を募集しているという報道のすぐ後に、網に絡まって死んでしまったという訃報が流れ、陰鬱な気分になったものだ。そして今朝、二匹の動物が新たに話題になっていた。
 一匹は、渋谷に突然現れたニホンザル。四谷、文京、そして現在赤羽あたりに潜伏中らしい。「ペットのサルが逃げたのではないか?」との話だが、ニホンザルってペットにしていいのか?
 そして、もう一匹は、千葉市の動物園で二足立ちするレッサーパンダ、名前は風太(ふうた)くん。その映像が流れたけれど、びっくりするほど垂直に立っていた。しかも10秒以上。ただし立つだけで、二足歩行することはないらしいのだが、「動物園の職員が着ぐるみをかぶってふざけてるんじゃないのか?」と思ったほど、不自然な(つまりヒトのような)姿勢だった。もちろん、たった50センチ程度の大きさの着ぐるみをかぶれる職員がいるはずもないのだが(そういえば、レッサーパンダの帽子を被って犯罪犯したヤツがいたなぁ……と忘れていた事件も思い出してしまった)。
 そのレッサーパンダ。確かに立つ姿はかわいいのだが、「立つのを待っている客と取材陣の多さ(もちろん、話題になったからだけど)、を観ていると「かわいそうだな」と思ってしまった。子どもたちが大声で「立って~」と叫ぶ気持ちはわかるのだが、あの声で騒がれると(レッサーパンダはもともと夜行性だし)ストレスたまらないか? と心配になる。もしかしたら、取材陣の前だから、わざと叫ばせていたのかも知れないけれど(だったら、けしからんのだが)、動物はおもちゃではないのだから、きちんと接し方を教えてあげるべきだろう。これで、この動物園はしばらく客が増えるとは思うけれど、サービス優先で、無理に立たせるようなことはしないでほしいと切に願う。
 動物園にいるのなら、東京湾のクジラのように、事故にあって死んでしまうことはないだろう。子どもたちは安心して観ていられるかも知れない。だけど、忘れちゃいけないのは、野生のレッサーパンダは絶滅危惧種である。動物園にいる動物は、ただ「かわいい」という癒しだけを提供しているわけではないのだ。
 ある(たぶん若者)のブログに、こんな意見があった。
「パンダ(これはジャイアントパンダのこと)は絶滅危惧種だというけれど、ヒトが手をかさないと生きていけないようなら、絶滅してもいいんじゃないか?」と。確かに、そういう意見もあっていいのだと思う。動物園で、危機に瀕した動物たちを見ながら、「なぜ守ろうとするんだろう」ってなことを、話し合ってみるのもいいかも知れない。

投稿者 かめちゃん : May 20, 2005 12:38 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?