MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« マイケル裁判 | メイン | 週末なのに »

2005年06月16日

リメイク版『赤い疑惑』

2005-06-16.gif リアルタイムで「赤いシリーズ」をやっていたのは、いったいいくつのときだっけ? とはいえ、家で観ていた記憶はあいまい。観ていなかったのかも知れない。でも、だいたいのストーリーは知っているから、やっぱり観ていたのかも……うーん、思い出せない。
 昨晩、TBSで『赤い疑惑』のリメイク版(その1)をやっていた。『冬ソナ』が赤いシリーズ(大映ドラマ)にそっくりといわれているので、いまやればウケるとでも思ったのだろう。設定も30年前のままで、ストーリーも大きく変更することはないらしい。
 とはいえ、29話もあったものを3回の2時間ドラマ(計6時間)に縮めるわけだから、大河ドラマの総集編みたいなものか……と思って1回目を観てみたら、やっぱり、総集編みたいなスピード展開だった。あまりに早い展開で、印象に残ったのは、次から次へと降りかかる不幸な運命ではなく、主役の幸子を演ずる石原さとみのドがつくほどの音痴な歌! いや、こればっかりは責められないのだが、あまりの衝撃に、ストーリーはどこかへ吹き飛んでしまった。
 あとは小道具の懐かしさだろうか。黒電話に、ソファーにかけられたレースのカバー。よく遊びにいった友だちの家を思い出した(壁際にピアノがあればそっくりだ)。「昭和もすでに昔なんだなぁ……」と、これまたストーリーとは関係ないところに関心がいく。
 どうせリメイクするなら、舞台は現代にすればいいのにとも思ったが、いまや白血病は不治の病ではない。現代、とつぜんの事故で死の病にかかる……といえば、代表的なのはエイズですか? 輸血でキャリアになってしまった……という展開にすると、医療事故問題がクローズアップされて、ストーリーはそっちに持っていかれてしまうかも知れない。不倫で生まれた子どもを不幸と思うことも現代の感覚ではピンとこないかも知れないし、この素材を現代風にアレンジするのはやっぱり難しそうだ。
 

投稿者 かめちゃん : June 16, 2005 12:13 PM

コメント

やっぱり観てなかったのか。じゃあ、記憶にあるストーリーは人から聞いたものなんだろうなぁ。「飛び出せ青春」なつかしい!あの手の学園ものは、時代にあわせて繰り返し創られてるよね。

投稿者 かめちゃん : June 17, 2005 12:07 AM

私、そのストーリーも知らないし、見た記憶がないので、多分家は見ていなかったんじゃないかな?
私は、あまりドラマは見ないから、今回も見てないけど・・・・  今日、幼稚園のボランティアの時に、一緒にいた人が、同じこと言ってた。同じ年なんだ、その人。曲も、同じなんだってね。でも、30年も前のドラマでも、覚えているもんなんだねぇ。 私は、飛び出せ青春が見たいよ! 村野武範のやつ。

投稿者 きいこ : June 16, 2005 05:45 PM


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?