MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« カード大丈夫? | メイン | 始めるぞっ!玄米生活 »

2005年06月24日

よくわからん映画

2005-06-24.gif 昨晩、「そういえば、Kくん(前の会社の同僚)の同級生が作った映画だっていうから借りてきてたんだ」といきなりDVDを観始めたculi。ふ~ん、いまどきは自主映画系もDVDになったりするのか……なんて思っていたら昨年、CMプランナーとディレクターが作ったという話題の映画『SURVIVE STYLE5+』だった。へぇ。
 たしか「CMっぽい映画」(あたりまえか)だって聞いていたが、どんなもんだろう……と思って観たら、やっぱり、CMをいっぱいつなげたみたいな映画だった。ストーリーはとりとめもないので(まとめられないので)、感想だけひとこと。
「女性はよく分からん存在で怖いです」といいたかったのでしょうか?
 ストーリーや内容よりも、映像技術や演出を楽しむための映画だろうけれど、やっぱり2時間の長編であれば、ストーリーに意味を見つけたくなるものだ。
 5組の登場人物が絡み合っていく話なのだが、どうも出てくる女性はみんな冷たいような怖いような存在に描かれている。殺しても殺しても蘇ってくる(そのたびに凶暴になる)妻に、つきあっていた催眠術師(男)を殺し屋に頼んで殺させるCMプランナー(女)、その催眠術師に殺される直前、鳩になる催眠術をかけられた父親をありのまま受け入れるのは息子だけ(母親と娘はどこか冷めている)、そして空き巣3人組(全員男)の間では同性愛が芽生えたりする(やっぱり信頼しあえるのは男同士?!)。男性が観ている女性像って、こんなもんなんでしょうかねぇ……とまるで男性の内面を描いた映画のような気がした。
 殺しても殺しても蘇ってくる……なんて話はホラーではありがちだし、催眠術にかかりっぱなしになるというのも新しくない。映像的には奇抜であっても、ストーリーは普通。もっと斬新な展開があればおもしろかっただろうけれど、映像の奇抜さだけで2時間持たせるのは少々、つらい。途中で飽きてしまいました。 

投稿者 かめちゃん : June 24, 2005 05:30 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?