MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« むかし読んだ漫画 | メイン | DVD鑑賞『笑の大学』 »

2005年07月06日

どうなる? 郵政民営化

2005-07-06.gif 郵政民営化法案をめぐり、おもしろいことになっている。ほとんど興味はないが(まあ、いつかは民営化したほうがいいとは思うのだが)、党議拘束をやぶって「反対」した議員の多かったこと。可決したとはいえ、たった5票差。最大多数の最大幸福とはいえ、賛成反対が僅差な法案は、白紙にしてもう一度議論をやり直すのが理にかなうような気がする。
 いつも思うのだが、党議拘束なんてものはやめたらどうだろう。けっきょく、党で決めたものを絶対とするならば、選挙で議席数が決まった時点で、生身の議員なんていらないではないか。執行部の数人以外は、幽霊部員でも部活できるじゃん、ってな気がするのだ。
 なので、今回の造反議員続出劇は、「生身の議員がいれば部は活発になるんだなぁ……」と思わせてくれた。
「譲れないものは譲れない」
 そういう意志を示せる議員は、人物や活動内容がどうであれ、信頼はできそうだ。
 とはいえ、郵政民営化問題で盛り上がってもなぁ。もっと議論を戦わせるべき問題はたくさんあるのにね。

投稿者 かめちゃん : July 6, 2005 03:41 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?