MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« どうなる? 郵政民営化 | メイン | ひさびさの『義経』 »

2005年07月09日

DVD鑑賞『笑の大学』

2005-07-09.gif 昨年、三谷幸喜氏脚本の人気舞台を映画化して話題になった『笑の大学』をDVDで観た。暗いニュースが続き、世の中どんよりしているときは喜劇で笑い飛ばすのが一番……ってわけでもないが「明るい映画を観たい!」って気分で観た。が、これって
「あはははーっ!」
 と笑い飛ばす映画ではなく
「ひくっ……」
 ってな笑い……いや、笑えない喜劇だった。
 笑えない喜劇……そっか、劇中、役所広司演ずる検閲官が、稲垣吾郎演ずる喜劇作家に最後に出した注文「笑えない喜劇にしろ」というのは、この作品自体のことだったのかも知れない。なにしろ時代は「欲しがりません、勝つまでは」と息巻いていた戦争開始当初。役人たちは、喜劇という娯楽はもっとも統制すべきものと考え、作家はこんな時代にはもっとも笑いが必要と考える。そんな堅物検閲官の難癖ばかりのダメだしにもめげず、言われたとおりに手直ししてくる作家。これって、三谷氏自身の経験がそのまま活かされている気がして、これまた笑えない。というか、作家じゃなくても、仕事上、同じような経験を山のようにしてきたので笑えない。
 自分なりに「最高!」と思って納品したら、クライアントからダメだし。不本意ながらもしぶしぶ直しにはいると、前回を上回る「最高!」が出来上がる。が、これまたダメだし……となればまだいいのだが、なかには、誰が見ても前回を下回る駄作! になってしまうこともしばしば。ああ、笑えない。しかし映画は、検閲官にダメだしされればされるほど、脚本は面白くなっていくという、仕事としては理想的な展開。そして、その面白さにじょじょに惹きつけられていく検閲官。しかし、最後の最後まで「許可!」のハンコは押さない。いや、押せないのだ。その検閲官の仕事は、作品を上演させないように「没」にすることだったのだから。
 後半は、なんとみごとな反戦映画。笑えない喜劇『笑の大学』のテーマは、現実の笑えない喜劇「戦争」だったということか。
 ちなみに『笑の大学』とは、劇団の名前でした。
 

投稿者 かめちゃん : July 9, 2005 09:17 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?