MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 台風接近につき | メイン | タクシーのサービス »

2005年07月27日

将来なにになりたい?

2005-07-27.gif 子どもの頃、学校の作文で「将来何になりたいですか?」というのをよく書かされた。特に「これっ!」っていうのはなく、無難に「学校の先生」なんて書いていた。つまり、大人の職業で身近にわかっているのが先生ぐらいしかなかったのだ。
 いま、昭和初期の文化を調べることにはまっている。この時期だからだろうか、書店には大東亜戦争に関する本が山済み。戦争関連本ばかりだからしかたがないが、昭和初期=戦争というイメージしかないのだろうか? と疑問に思う。
 そんなわけで『昭和日常生活史』という本を読んでいる。ここに面白いデータがある。昭和2年の新聞か雑誌の記事からのピックアップで、「小学校の女生徒による職業の人気度」が載っているのだ。現在の小学生女子のNO.1は花屋、パン屋などの「お店屋さん」だそうな(ベネッセ教育総研の調べより)。
 では、昭和2年の子どもたちは……なんと1位は「偉人」である。偉人? 偉人? いじん?? さて、なにをやっての偉人なのだろう……と首を傾げたくなるが、これが1万2181人中、7945人だというのでおどろきである。続いて「先生」「商人」「裁縫師」「人妻!」「学者」「芸術家」……と続くが、14位には「政治家」、15位には「運動家」ってのもある。ちなみに現在の順位は、「お店屋さん」「保母さん」「美容師」「芸能人」「マンガ家・イラストレーター」「看護婦」「先生」と続く。政治家ってのは、女子の小学生、中学生、男子の小学生、中学生においても上位20位の中には見られない。
 ちなみに現在の男子中学生の1位は「サラリーマン」である。しかも、具体的な会社名を書いている子もいるとか。いや、現実的! とほめたくなるが、ちょっと寂しい気分にもなる。
 まあ、いまのご時世、なりたいもの=「偉人」と書くのもおかしなものだが(そもそも職業じゃないぞ)。

投稿者 かめちゃん : July 27, 2005 02:29 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?