MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 再読『亡国のイージス』 | メイン | 映画『鋼の錬金術師』 »

2005年08月06日

TBS特番「ヒロシマ」

2005-08-06.gif 今日は原爆の日。広島に原子爆弾が落とされた日だ。
 ということで、昨晩、TBSでは「ヒロシマ」というタイトルの特番をやっていた。といっても、観たのは最後の3~40分程度。ちょうど被爆された方と、原爆を開発し投下直後のきのこ雲を撮影したアグニュー博士との対談の場面だった。
 被爆者(あるいは日本人)としては、博士に謝罪の言葉を求めていた。60年の苦しみを思えば当然わいてくる感情だ。しかし、博士は謝罪しなかった。非難するなら戦争を起こした自国の政府にするべきだといい、自分の行為、アメリカの戦略を肯定し続ける。
 その背景のひとつに、彼も真珠湾攻撃で、友人の多くを亡くしていたことがあるのだろう。「原爆で死んでも爆撃で死んでも同じ死」と彼は言った。結果としての「死」なら、正論かも知れない。しかし、「同じ死」ではないからこそ、世界は核は使ってはならない兵器として、拡散しないよう努力しているのではないのだろうか。
 また、彼は自分が開発した原爆をまったく理解していないのではないかとも思った。もしわかっていたら、被爆者に対し「あなたたちは生き残れただけで幸せ者だ」というような発言などできないはずだ。もし、被爆後ずっと続く後遺症や感染症やガンの恐怖、地獄を目に焼き付けてしまった精神的な苦悩、子どもや孫への遺伝的影響の不安のことまでわかっていての発言なら、人間ってものをまったくわかっていないし、まして人間とは思えない。
 まあ、原爆の生みの親がわが子を否定できないのかも知れないし、しょせん、戦争においての勝者から謝罪の言葉を引き出すことは難しいのだろう。
 彼が被爆者の言葉を受け入れられないのと同様に、「戦争をしかけたのは日本。だから原爆を落とされてもしかたない」という博士の理屈を「はいそうですか」と受け入れることはできない。もし、アメリカが負けたなら、原爆投下は人類に対する大罪になったはずだ。勝敗が物事の価値を決めていく世の中は、どうも理不尽のようで居心地が悪い。
 相容れない立場の被爆者と核開発者の対談。結局、理解しあうことはできなかったように見えた。立場を超えて理解しあうには、いったいどうすればいいのだろう。少なくとも、理解しあわなきゃいけないという気持ちだけは捨てないようにしたいものだ。

投稿者 かめちゃん : August 6, 2005 08:16 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?