MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 『ぐれる!』 | メイン | 失望のイージス »

2005年08月15日

継信が死んじゃった~

2005-08-15.gif わ~ん、継信が死んじゃった~……って、昨日の大河ドラマ『義経』でのお話。昨年の『新選組!』よりは肩入れしていないけれど、やっぱりずっとレギュラーでいた従者のひとりが死んでしまうのは寂しい(って、これからどんどん死に向かっていくわけだが)。
 とはいえ、昨日の見せ場は、那須与一(なすのよいち)の射落としだった。屋島の戦いの折、平家が船上で掲げた扇を、源氏軍の那須与一が岸辺から打ち落としたという逸話である。今後の戦況を占う意味で平家がしかけたちょっとしたお遊びだったのだろうか? 昔の戦争は優雅だなぁと思えるひとこまだ。まあ、ウィリアム・テルのりんごのように、人が扇を持っているわけだから、もし、矢がそれたら扇持ちは負傷してしまうわけで、「優雅」なんていうのは不謹慎かも知れない。
 ドラマでは、その扇持ちは義経の妹にやらせていたけれど、史実ではないだろう。まして、culiから聞くところによれば、平家物語では、義経は、那須与一がみごと扇を落とした後に、与一に舟の船頭を射るように命じたというから、非情なことだ。ドラマでそれをやれば、「義経の卑怯者! 鬼! 冷血漢!」と非難の雨あられになるだろうから、やらないし。主人公が卑怯者では、観る者は引いてしまいますからな。
 それにしても、義経の強引さは誰かに似てる。戦争上手なのはわかるが、まわりの意見をきかずに自分のやり方でどんどん突っ走る。確かに、戦争では活躍できるかも知れないけれど、新しい国を作り上げていくときのブレーンとしては、(頼朝にとって)義経は使いにくいと思ったのかも知れない。源平合戦が終わった後、ドラマの義経はどう描かれていくんだろう。平家の女性陣がいっきに消えてしまうと、花がなくなりますな。

投稿者 かめちゃん : August 15, 2005 12:12 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?