MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 火力演習レポート | メイン | 民間療法 »

2005年08月31日

ウン十年目の真実?

2005-08-31.gif フジTVの人気バラエティー番組『トリビアの泉』って、名前も内容も知っているが、実は観たことがない(この時間はたいてい『その時歴史が動いた』を観てる)。が、たまたまチャンネルが合ってしまい、初めて観た……といってもラストの5分ぐらい。しかもトリビアじゃなくて、「ガセビア」。ウソなのに信じられている話をばっさり斬るコーナーらしい。で、今日はニワトリの卵の色の話だった。
 茶色い卵と白い卵。茶色いほうが高級卵……っていうのはガセ。ウソなんだそうな。「へぇ」。なんとなく、そうかなと思っていたのに、違うのか。が、驚いたのはその後。ホワイトレグホンは白い卵を産み、茶色い卵は(名前は忘れたが)別の種の卵。
「えっ! ウチに昔いたメンドリは、ホワイトレグホンなのに茶色い卵産んでたぞ!」
 もしかして……あのメンドリ(名前をネエネエという)は、ホワイトレグホンじゃなかったのかーっ? 前にも書いたが、そのメンドリ、お祭りで買ったヒヨコである。お祭りで売ってるヒヨコは雑種か? ずっとホワイトレグホンだと思い込んでいたのに……。
 まあ、すでにウン十年も昔の話。いまさら「だからなんなの?」ではあるけれど、もし、たまたまチャンネルを合わせなければ、きっと死ぬまで飼っていたニワトリはホワイトレグホンだと思っていただろう。このウン十年、騙されていた(って誰に?)
 きっと、信じている記憶の中には、ほかにもガセがたくさんあるに違いない……と思うと、やっぱりいまさらだけど、知ってよかった気もする(気がするだけだが)。

投稿者 かめちゃん : August 31, 2005 11:57 PM

コメント

あ、ほんとだ。白いのもいるんだ。でも、ほかの兄弟(血縁関係があるのかわからんが)は、ホワイトレグホンだよねぇ……。ってことで、「祭りのヒヨコ」で引いてみたら、やっぱり成長しちゃったニワトリ6羽のうち、メスが1羽だけいて、そいつだけ茶色い鳥だったという報告があった。祭りのヒヨコは実はいろんな種類が混ざっているのかも。

投稿者 かめちゃん : September 1, 2005 04:51 PM

ねーねーはイサブラウンだ!
http://www12.ocn.ne.jp/~oda3921/isa.htm

イサブラウンは茶色い卵を産むんだって。でも、白く見えるよね。

投稿者 きいこ : September 1, 2005 03:09 PM

そういえばそうだ・・・
昨日トリビアは見ていたけど、全く気が付かなかったよ。 ねぇねぇは確かに白かった。うーん。これはちょっくら調べた方が良さそうな気がする。

投稿者 きいこ : September 1, 2005 10:16 AM


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?