MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« ウン十年目の真実? | メイン | 民間療法?その2 »

2005年09月03日

民間療法

2005-09-03.gif 9月に入ったとたん、風邪でダウン。昨日はまる1日使いものにならず(でも、2冊本よめた)。
「喉に違和感があるなぁ~、部屋の空気が悪いのかなぁ~」
 と漠然と思っていたら、あれよあれよという間に扁桃腺がはれて熱が一気にあがった。
 風邪の症状で一番キツイのは喉の痛み。ついで熱による関節の痛み。のど飴を飲んでもいっこうに痛みがとれず、「どうしてくれるよぉ~」とネットで調べてみたら、いろんな民間療法がひっかかった。
 緑茶や紅茶でうがいをするとか、大根あめ(大根に蜂蜜をかけてにじみでた汁)とかレンコン湯(レンコンのしぼり汁にしょうが汁としょうゆを少々)とか。
 お茶のうがいは「イソジン」があるのでパス。大根もレンコンも買い物にいかないと手にはいらない。とても外出する気にはなれなかったので、家にあるものでつくれるものを探した。
 で、みつけたのは、しょうが汁と蜂蜜を入れてお湯でわったものを飲む! というもの。しょうがはチューブに入った加工品しかないけれど、代用できるだろう。ということで、作って飲んでみたら……
 効いた! のど飴をいくらなめてもおさまらなかった痛みが和らいだ(治ったとまではいかないが)。正直、びっくりである。とはいえ、熱はさめずダウンしたままだったが、喉の痛みが和らいだだけでもずいぶん助かった。
 あとはマスク。喉の痛みや咳は、乾燥が敵。マスクをしていると喉の乾燥が防げるのだ。
 ってことで、今日は熱も微熱程度にまでひき、なんとか普通に活動できるまでに回復。朝、やはり喉が痛かったが、しょうが蜂蜜汁にレモンをしぼって飲んだら、これまたてき面、痛みは引いた。
 昔からの知恵は、やはり偉大ですな。

投稿者 かめちゃん : September 3, 2005 11:01 AM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?