MENU
カメちゃんのお出かけ帳

チームマイナス6パーセント

かめちゃんのBlog

« 病は突然に | メイン | ラルの続報 »

2005年09月30日

ラルの初病院

2005-09-30.gif 昨日から急に食欲がなくなったラルを病院に連れて行った。久々の田園調布。駅から15分ぐらい歩くのだが、この道は高校時代に通いなれた道なので、体感時間はそれほど長く感じない(って前にも書いたな)。とはいえ、神経質なモルモットにとっては、長い道のり、ストレスでショック症状を起こさなければいいのだが(といっても近所に動物病院ないし)。
 今朝になって、ある程度食欲は取り戻し、フンもそこそこ出していたので、たぶん、耐えられるだろう……とキャリーバックにいれていざ外に出てみたら……。トラックの通る音、バスのエンジン音、電車の走行音に摩擦音、階段を上り下りする足音、人の奇声(女子高生のおしゃべり)……ちょっとうるさい音がするたびに、バックの中でパニックを起こして暴れる暴れる……。いままで何匹も連れて行ったけれど、こんなに暴れたのはラルが初めてである。つまり、それほど、音に敏感なのだ。
 病院に入ると落ち着いたけれど、いざ、診察台にあげようとしたら、いきなりもうダッシュで死のダイビングをはかった(取り押さえたけど、あせりまくり。もし落ちたら死ぬでしょうがっ!)。再び台にあげると、今度は先生に向かってもうダッシュ(押さえてもらいました)。これじゃあ、体重もまともにはかれない(と思ったら、診察台そのものが体重計になっていた!すばらしい。
 触診、補聴器、レントゲン……の結果、ラルは「食滞(しょくたい)/盲腸便秘」とわかった。胃と盲腸の動きが悪く(あるいは動いていない)、食べたものが塊になってとどまったり、詰まったりする病気だそうで(原因が毛球<食べてしまった毛の塊>だったら毛球症)。
 レントゲンではガスはそれほどたまっていないので、いまなら、消化器官の運動を促進する薬が効くかも知れないとのこと(完全に詰まってしまった場合は外科的処置が必要になるが、モルモットをはじめ、小動物には勧められないそうです)。
 先生は毎度のごとく、丁寧でわかりやすく、きちんと説明してくれた。どんな質問にも答えてくれるし、アドバイスも診断も的確。ちょっと遠いことだけが泣。ウチの近所でも開業してくれないかなぁ(先生ひとりしかいないのが泣。あるいは田園調布に引っ越すなんて泣……じゃなくて無理!)。
 さて、食滞になってしまった原因である。「これだっ!」とはっきり指摘はできないが、たぶんストレスではないかと思う。かなり音に敏感なので、ほかの3匹よりも、ストレスを溜め込みやすい体質なのだろうと思ったからだ(やっぱり憎き工事の騒音か!……とこれは腹いせの押し付けだけど、十数パーセントは影響してると思う。なにしろあのイヤな音が始まったとたん、おかしくなったのだから)。
 なお、ストレス以外の原因としては、異物を食したことによる閉塞(毛を含む)、低繊維質の食べ物のとりすぎなどがあるそうだが、牧草を山のように(生牧草、乾牧草)あげ、野菜もそこそこあげているので、それは考えられない(毛も短いしねぇ……ある程度は内臓にたまるらしいけど、固まるほどになるのはマレのよう)。
 ま、とにかく、薬をもらったので、リルと離れた隔離部屋でしばらく様子見(リルがストレスの原因とも考えられるが、どちらかといえば、ラルのほうが主導権握ってたからなぁ)。この病気は慢性なので長期戦はやむを得まい。ちょっと油断して、胃にガスがたまってしまったら、手の施しようがなくなる。とはいっても工事の音は止められないし……発泡スチロールを囲って防音部屋でもつくるかな(って自分が入りたい)。

投稿者 かめちゃん : September 30, 2005 02:40 PM

コメント


コメント用ボックス

コメントをお寄せくださる際は、お名前(必須)、メールアドレス(必須)、URLをご記入ください。




保存しますか?